| Subcribe via RSS

クラフトマンの家の家具

こんばんは。家具屋の五味です。

先週はクラフトマンの家に納める家具を仕上げました。

この家具はクラフトマンの家最大の見せ場になる部分です。

いつもそうですが、それはもうかなりの気合を入れています。

その最大の見せ場ですがレッドシダーのキャビネットに取り付く6.5mの天板です。

6.5mの天板と軽く言いましたが、そもそも6・5mもある材木は規格外の大きさですので売ってはいません。。

自分も24年間無垢の家具を作ってきましたが、こんなに大きな板は初めて作ります。

IMG_1829

(材木の使い方を決める木取り作業)

 

これはもちろん「はぎ板」です。はぎとは幅の狭い板を貼り合わせて大きな板にすることを言います。

IMG_1849

(はぎ前の状態)

 

 

はぎは無垢財を扱う木工の基本的な技術ですが、これを失敗すると後に「ハギ割れ」をおこしたりするので最も重要な技術でもあります。

加えてこの長さのものですから当然長手方向にもはぎます。

IMG_1848

(ハタガネを使っての圧締作業)

 

これがまた長いこと長いこと。。骨が折れるとはこの事です。。。

そして完成系がこちらです。変な形をしてるのは取り付け後のお楽しみでとって置きますね。

IMG_1859

 

メインの天板を仕上げた後、キャビネット本体も順調に組みあがり、工場にところ狭しと置いてあります。

 

IMG_1915

キャビネットの見せ場はこの扉です。

無垢の框を強度の有るホゾ組みで組んでおります。

IMG_1902

「ホゾ組み」は「ダボ組み」などに比べて技術的に経験が必要だったり、作るのに時間もかかったりと高価ではありますが経年で壊れることは先ず有りません。

良い家具と言われる物にはやはりホゾ加工は欠かせません。中に入る羽目板もラフ材を表に出した特徴的な仕上がりです。

羽目板の模様も敢えてランダムになるように全体を見て決めています。

 

IMG_1881

(ホゾ穴を角のみ盤で加工中)

 

そうやって手をかけた家具たちが無事に出荷されてやっと肩の荷が下ります。

IMG_1924

(長すぎてトラックにおさまりません 笑)

 

 

取り付け後の様子はまた後ブログに書かせていただきます。

この夏はまだまだ忙しくなりそうです。

以上です。

 

 

杉の無垢ボードで作るオーダー家具

家具屋の五味です。

杉無垢ボードを使ってのオーダー収納棚のご紹介です。

IMG_3557

IMG_3558

幅1200高さ1800の収納力のある大きさです。引き戸と背板は白のポリ合板でできています。

 

IMG_3561

棚受けレールは埋め込んでありスッキリ見えます。金具なので棚の位置も容易に変えることができます。

IMG_3560

引き戸は戸車金具を使用しており、滑らかに動きます。本体にはV溝加工をも施してあります。

IMG_3551

戸車は丁寧な加工で埋め込まれています。

 

IMG_3564

引き戸の手掛け部分は杉の無垢材を貼りってあり、手触りはいいです。

 

IMG_3567

裏側にも手が掛かるように溝加工してあります。

====================================================================

 

今回はもう一つご紹介します。

レッドシダー材を使用した洗面台をご紹介します。

 

幅900、奥行き600の大きな抽斗の一杯付いた洗面台です。

材の厚みは30ミリ有りしっかりできています。

IMG_3548

抽斗の上は固定棚があり、物も置けて便利に使えます。

IMG_3549

 

レッドシダーは材色が赤、白、黒と三色有りまして色をそろえるのは難しいので、

あえて色を揃えずに作ります。この材料は色がまちまちでも綺麗だなと思いました。

 

 

IMG_3550

背板はなく裏側にはパイプスペースも設けています。

 

以上です。

五味

 

大きな抽斗(ひきだし)のチェスト

家具屋の五味です。

今回は、特注の白いチェストのご紹介です。

大きな抽斗が四杯付いたチェストです。

IMG_3395

 

白のポリランバーを使っての製作です。

白のポリランバーは予め白に塗装された3×6板を使います。

比較的に塗膜も丈夫で汚れが付きにくい材料です。

 

IMG_3398

抽斗も内部まで白で統一しています。

収容物の重さに耐えられるように底板も15ミリの厚みでできていてかなり丈夫です。

 

IMG_3399

補強の釘やねじが表には見えない様に製作している為、スッキリした印象でとてもきれいです。

又、スライドレールを使用しているので大きな抽斗でも滑りがよく使い勝手が良いと思います。

前板をとめる為の板が二重に入っている構造で、前に引っ張る力に対してとても丈夫な抽斗となっています。

 

サイズなどに関しましてもミリ単位でオーダーできますので、収納物やご自宅に合わせたサイズで製作できます。

是非、お気軽にお問い合わせください。

 

五味

 

 

 

Tags: , , , , , , , , , ,