| Subcribe via RSS

お盆を区切りに

まもなくお盆休みに入ります。そこをさかいに終わる現場始まる現場が多々あり、
その中の1つにあけからスタートするリノベーション工事があります。
それができるように解体工事を先行して進めています。

お休みに入る前に在宅なのでユニットバスだけは入れて
使えるようにということでお風呂から進めました。
ユニットからユニットということで解体はわりかしスムーズに進みました。
解体して見えた土台や壁にはホウ酸をぬります。
ホウ酸は防蟻のためにぬり、水で流されない限り効果があるので必ずこれを使います。
他の物の性能を落とさないようにしないといけないので
断熱材をよけたりして施工します。
DSC_1119
ユニットを交換する際に給湯器も交換するので設備やさんに来てもらい
それから無事新しいユニットが入りました。
DSC_1142

無事入ったところで和室の解体です。和室を無くしてリビングダイニングにします。
無くした時点でだいぶ違う印象になってきました。柱があらわになったことでさらに変わります。
ここから打ち合わせしながら変更など細かいところを決めながら進めていきます。

夏季休業のお知らせ

8月9日 21:42 未分類

takaashi
takaashi

中山建設では、8月11日(日)~18日(日)を夏季休業とさせて頂きます。
休業期間中、メールでのお問合せにつきましては、8/19から順次お返事をさせて頂きます。

ご不便をお掛け致しますがどうぞよろしくお願い致します。

皆様におかれましても、どうぞ良い夏休みをお迎えくださいませ。

中山建設 一同

 

大工研修に行ってきました

8月8日 7:50 未分類

石谷 真介
Ishitani

先日、静岡県に行ってきました。

あちこちから富士山が近くに見えてとてもいいところでした。

でも遊びに行ったのではないです。

「大工工務店の会」という自社社員大工で家を建てている工務店が集まって情報交換や勉強会をしている会の仲間の1社である
静岡県の株式会社マクス一級建築事務所さんに研修にお邪魔させていただいてきたのです。

マクスさんは自然素材を使用した木造住宅を建てている工務店さんで耐震性能、断熱性能、耐久性能も抜群の安心、安全な設計をされています。
マクスさんには社員の大工さんがいて現場での大工作業はもちろん、お客様と話しをしたり社員としていろいろなことを幅広くされています。

そんなマクスさんに同じく社員大工を抱える工務店の社員の大工として研修に伺わせていただきました。

伺う日を代表の鈴木社長のご好意でマクスさんが年1回行っているオーナー様宅訪問バスツアーに合わさせておいでと言ってくださり、そこに参加をさせていただきました。
これはすでに完成して住まわれているお客様のお宅をご好意でこれから新築やリフォームを考えていらっしゃる方を大型バスで社員さん一同でご案内するツアーなのです。

ここにも社員の大工さんが1日お客様と一緒にOBのお客様宅を回るのです。
大工さんですがお客様との会話や案内が自然でお客様も安心してお話しをしているようでした。
自社で建てている家のこともしっかり内容を把握していてこれはお客様も心強いだろうなと感じました。
当たり前のようですがとっても大事なことで以外に難しいことです。

大工さんも他のスタッフさんもOBのお客様もとっても暖かく人間味があって心地よいツアーでした。
もちろん家が抜群にかっこよくてあちこちくまなく見させていただきました。
勉強になります。

2日目は朝から朝礼に参加です。
スタッフさんの報告から社長の総括まで短時間でスムーズで的確な朝礼でした。
なるほどなことが詰まった朝礼で持ち帰って参考にさせていただこうとしっかり頭に叩き込んできました。

その後、事務所で鈴木社長からマンツーマンでたっぷりいろいろなことを教えて(しつこく聞き出して)いただきました。
この日も鈴木社長の車に同乗させていただき現在新築工事中の現場に同行させていただきながら車中でもたくさんのお話しをしていただきました。
建物のことから大工さんのことまでいろいろなことを教えていただきました。

新築工事中の現場では社員大工さんの丸山さん、宮崎さん、社員の監督さんの城内さんが奮闘していました。
高度な内容の現場で細部までとても気を使って丁寧な仕事ぶりが印象的でした。
大工さんが責任をもって現場を動かしていてここでもいろいろと吸収できることが満載でいろいろお話しもしていただきました。

ここまでで研修は終了となりましたがよその工務店さんにこのような形で研修をさせていただける機会はもう無いかもしれないくらい貴重なことでした。

惜しみなくいろいろなことを見せて教えていただき感謝は尽きません。
この貴重な経験をもっともっといい家をお客様に提供できるための力にしていこうと思います。

鈴木社長をはじめ大工さんからスタッフさんまでとにかくいい方たちで本当にお世話になってしまいました。

研修の報告書をまとめたら俺にも見せてと鈴木社長に言われているのでまだ難関が残っていますがしっかりとまとめたいと思います。67760623_464038477482068_6767006646007758848_n

 

最後に一緒に記念撮影 鈴木社長と

 

 

67947592_365711954065680_5977062869219409920_n

社員大工さんの宮崎さん(左)と丸山さん(右)と

風鈴の音が心地よい季節です

7月26日 12:30 未分類

takaashi
takaashi

IMG_3996

 

昨日は杜Cafe.Bが定休日でした。

毎週木曜日はカフェがお休みなので、ちょっと寂しさを感じながら、でも少しのんびりとした気持ちで仕事をしています。

 

ここ数日急に暑くなり、夏らしくなりましたね。

ということで、カフェの入り口前のデッキに風鈴を掛けましたよ!

風に揺られて奏でられる音はなんとも風情があり、しばし暑さを忘れさせてくれます。

 

4月ころから徐々に進めてきた旭区の「クラフトマンの家」への事務所移転。

5月に本格的に拠点を移して少しずつ環境を整えてきて、

ようやく、お客さまをお迎えする環境も、お仕事をする環境も整ってきました!

 

ということで、少し事務所の中をご案内しましょう(^^)/

 

事務所の中央には大きなお打合せ用のテーブル。

椅子はこだわりのアンティークです。

IMG_3999

 

そして、大型TVモニター!

お客さまに家づくりに関する資料や施工事例の写真などを大画面で見ていただくことができます。

IMG_4001

 

先日Facabookでもご紹介しましたが、時にはお子さんの映画鑑賞用に!

お打合せが長くなると、お子さんも飽きちゃいますよね。そんな時の強力な武器です(笑)

64838616_2258284894287144_1632865309452926976_o

 

棚には、各種サンプルやカタログなどが揃っております。

IMG_4003 IMG_4004

 

今回の移転に際し、一番頭を悩ませた代表の中山からのオーダーがありました。それは・・・

「フリーアドレスにしたい!」

ということ。

要は、ここは誰の席という風に固定しないということ。

固定の席を作らず、毎日違う席に座って気分新たに仕事ができるようにしたい、

どの席に座っても同じように仕事ができる、そんな環境にしよう!

ということでした。

 

同じ場所に留まると、そこで空気が止まり淀みます。

淀んだ空気の中では、自分の気持ちも淀み、仕事のパフォーマンスも低下してくるかもしれません。

 

中山建設の設計の考え方である

人の流れ、風の流れ、光の流れが滞らないように

というところにも通じるのでしょうか?

 

一人ひとりがノートパソコンを持って、毎日違う席に座れば簡単だったのですが、

今ある資産を有効利用しつつ足りないものを追加して、

すべてのパソコンで同じように仕事ができるようにするのは結構大変でした~。

が、なんとか頑張りましたょ!

 

おかげで、毎日違う席で、違う景色を見ながら、新しい気分で仕事ができています。

他のスタッフとの距離感も日ごとそれぞれで、それもまた面白いのです。

何よりも、席の周りが乱雑にならず、いつも整っている!(←これ、一番重要です!)

いい仕事はいい環境から。

これからも少しずつ更に良い環境になるよう整えていきたいと思います。

 

事務所の中の見学や、

ちょっとパソコン貸して~

なんてこともOKです!

ぜひお気軽に遊びに来てくださいね!

 

 

7月24日 10:43 未分類

gomi
gomi

家具屋の五味です。

6月からじめじめとした日が続いておりますが、

最近は梅雨明け間近なのかグッと気温が上がってきました。

 

今回は建具をご紹介します。

中山建設では家と家具と建具は全て自社で製作しております。

その中でも家具と建具は家具屋の五味が自社工場で製作しています。

工場を旭区に移転して木工機械を寄り家具製作向きの専用機をそろえましたので

さらにパワーアップしております。

IMG_4456

さて本題の建具ですが、

今回製作した建具はラワン突板合板でフラッシュという構造で製作しました。

フラッシュ構造とはよく合板などで多様される構造です。

中が中空になっており、表面は木の突板やポリ合板などで化粧張りをします。

中が中空になっているので見た目よりも軽くそして丈夫にできるのが大きな特徴です。

建具において丈夫さはもちろんですが、軽さは一つの機能と言ってもいいと思います。

IMG_4677

 

IMG_4679

 

IMG_4682

中山建設の建具の大きな特徴としましては

大手(おおで)と呼ばれる部材に必ず無垢の木を使っています。

大手とは建具の端の部分に来る材料を指します。

IMG_4678

このように無垢の部分に手掛けの掘り込み加工を施すことも出来ます。

こうする事によって手触りや見た目の木質感がよくなりグレードが上がります。

 

IMG_4683

また、こういう大手無垢張りの建具は外注の建具屋さんでは対応してくれません。

無垢の仕事が得意な工場だからできる作り方なんですね。

 

もちろん総無垢の框組の建具にも対応しております。

框組が気になる方はこちらの過去ログをご覧ください。

 

 

 

 

 

 

 

耐震等級3

7月13日 7:39 未分類

Nakayama
Nakayama

「大工工務店の会」第2クール

講師に山辺さんをお迎えして
お話を聞くのは最終回となりました。
最終回を迎え感じるのは
構造への関心、安全への関心を
大工・設計共に深めることになり
高い位置で意識共有することができました。
今ままでも安全には力を注いでいたのですが
物事には奥があり、さらに奥がある。
永遠の苦悩に足を踏み入れる形になりました。
「耐震等級3」は安全と決めつける絶対安全の指標ではなく
構造に余裕を持たせながらどのような特性をもった家を設計するのかが大事だと気づかされます。
山辺さんの言葉で深く突き刺さる言葉がありました。
雑談のようなしゃべり口調で強調することもなくさらりと発した言葉。。
「1/30」を覚悟しなさい。
大地震が来た時に受けるであろう家の変形角。
このダメージを受けた状態からさらに熊本地震のような2回目の揺れ。
人命を奪うことなく倒壊しない家をイメージしなくてなならない。
そんな言葉だと受け止めました。
止まることのない向上心と責任感をもって挑んでいきたいと思います。
62601030_2356151727933242_8140642413967310848_n

未分類

  • カテゴリーなし