| Subcribe via RSS

取付け待ちの家具達

家具屋の五味です。

現在、工場には箱物の家具達が所せましと置かれています。

新築に納める家具やリフォーム物件に納める家具を複数同時に製作しております。

その家具達の一部をご紹介します。

 

こちらは収納たっぷりのキッチンです。

引出しの前板が外してあり内部の引き出しが見えています。

ちょうど上部のへこんでいる所にコンロが置かれます。

IMG_5484

 

お次もアイランド型キッチンです。

アイランドなのでキッチン側はシンクや食洗器はあり、

反対側は収納扉になっています。

かなり大きいので納品現場で組み立てられるように出来ています。

IMG_5486

 

 

 

 

こちらは収納家具です。

かなり大きくて物が沢山入りそうですね。

IMG_5480

 

 

 

下がオープンな洗面台です。

オープン部分にはタモの突板を施しています。

IMG_5485

 

 

 

電気オーブン台(左)とトイレ手洗い(右)です。

両者ともタモ突板の扉が付きます。

IMG_5482

 

 

 

こちらは幅の広いTV台です。

とにかく幅が広くてシンプルな造りですが、3.6mもあります。

中央は扉、両サイドは引出しです。

IMG_5467

こちらには無垢の天板が乗るのですがこれも自社で板を剥ぎ合わせて作っています。

IMG_5427

長さが長いので木材を選別するときから気を使いました。

この長さを剥ぎ合わせるのも骨が折れます。

IMG_5393

その分完成した時は壮大です。

 

そんな家具達を製作している合間に

テーブルの修理と脚の製作のお仕事を頂きました。

IMG_5417

こちらは杉のテーブル板で思い入れがある板なので良くしてほしいとの事でした。

脚には杉材を使い本箱型にしました。

IMG_5419

 

他にもまだまだご紹介し切れないくらいありますが、

次回にしたいとおもいます。

 

準防火地域に木を使いたい

9月16日 4:32 未分類

Nakayama
Nakayama

大工工務店の会、第2クール 最終回

今回は防火についての勉強会。

建築防火のスペシャリストである、安井昇さんをスペシャルゲストにお招きして

講義を聴く機会をいただきました。

69904612_2408610989193660_3509372852203683840_n (1)

今回は大工さんへの講義なので

大工さん目線のお話になると聞いていました。

防火地域に「木の家」を建てるための技を教えていただけるのかなと考えていました。

始まってみると火の特性についてレクチャー。

安井さんが監修し今まで実験と検証を繰り返してきた

実験動画を沢山見せていただきました。

う~~ありがたい。。。

火の燃え広がり方、木と火の相性、火で人命を奪わせない建築とは、

私も大工たちも目から鱗。。開いた口が塞がらないくらいの濃い内容の講義でした。

木造だから燃えるのではない。

火の特性を理解して、燃え抜けない建築をで人命を守る

私たちの仕事は「人命と財産を守る」仕事です。

分かっていたつもりでも、改めて気付かされました。

準防火地域だからの仕様とは考えず

原点に戻って中山建設の仕様を大工共々考えていきたいと思いました。

安井様、本当にありがとうございました!
70277691_526622708098955_7732429588076167168_n (1)

 

 

 

 

無垢フローリングの張替え

9月8日 19:37 未分類

akimoto
akimoto

大工の秋元です。

お盆休み明けから床の張替え工事スタートしましました。

今回は一階と階段の段板にナラのフローリング材を張ります。

まずは和室の畳を撤去してリビングの床とフラットになるように下地をし

床を張ります。

FF4484C6-40D9-4FDA-8DC3-4155C0CA8A30

 

 

 

 

 

E61BB5E2-34DB-4ED1-AE14-3D4DF2A9885A

 

 

 

 

 

 

 

次にリビングと階段へと進めていきます。

914D5BFF-5C4D-4FE7-8A26-9CBF6AADE30C

 

 

 

 

 

 

82786A7B-E077-4B38-8B9C-CDBE22B69963

 

 

 

 

 

廻り段は斜めの突き付けになり見せ場のひとつです。

この様な作業は慣れてきたころに終わります。

9BA681B4-50A8-4327-A7D2-F951E93999D2

 

 

 

 

 

 

全て張り終え部屋の雰囲気がガラリと変わりました。

お客様のご協力によりスムーズに進めていくことが出来ました。

ありがとうございました。

 

 

 

 

横浜工務店としての本質をつらぬきたい

9月6日 9:11 未分類

Nakayama
Nakayama

「暑い暑い!」といいながら

ちょっと、ちょっとで秋を感じる瞬間にホッとしつつも寂しく感じます。

「工務店の本質とは?」最近気が付くとそこを考えていることが多いです。

工務店の役割として、町に強く、優しい存在でありたいという強く思います。

住宅に携わるものとして社会に期待されていることを

当たり前に受け止めて実直に一つ一つ積み上げていくイメージで日々を重ねています。

 

工務店として出来る事。

まず一番に浮かぶのが大工や家具職人の顔です。

イメージしたものを自分たちで作ることができる。形にすることができる事。

自信を持って作り上げたものをお客様に届け、喜んでもらえる事。

私たちの本質はやはりここにだよな~~。

中山建設の「クラフトマンシップ」を持った大工、家具職人が工事を責任施工する

どこまで行ってもここは譲れない。売上げの事だけを考えて、外注大工さんに仕事を頼むということが出来ない。。。

自社の大工で作り上げたいから。。。

私が大工で現場を駆け回っていたころ、建売住宅・大手ハウスメーカーの下請け工事をやらせて頂きました。

だけどそこに大工職人の未来はないと強く感じました。

木の家づくり、家具つくりをしたいという職人をまっすぐに育て

自身が引退するというまで、職人としての役割があり

誇りを持ち続けられる職人工務店を目指す

「ここ」を貫きます。

64947204_2247591712023129_2309336810490167296_o

長々と書いてきたのですが、何が言いたいかというと

来期に大工1人、家具職人1人募集します!

我こそはというやる気満々の方是非連絡ください。

 

中山周平

 

 

 

 

 

キッチン製作中

お盆期間中は夏休みを頂きました。

休み明けからフル稼働中の家具屋の五味です。

只今、旭区の工場では大型キッチンを製作中です。

 

IMG_5097

このキッチンはかなりの大きさとボリュームです。

それもその筈、コの字型キッチンなのでであります。

平面で見てコの字型なので壁面3カ所がキッチンになる訳です。

必然的にかなりの大きさになるわけですね。

IMG_5096

IMG_5098

IMG_5110

天板もタモの無垢材をはぎ合わせております。

工場には納品待ちの本体が所せましと並んでおります。

IMG_5111

納品がたのしみです。

納品後にまたご紹介させていただきます。

 

 

 

お盆を区切りに

まもなくお盆休みに入ります。そこをさかいに終わる現場始まる現場が多々あり、
その中の1つにあけからスタートするリノベーション工事があります。
それができるように解体工事を先行して進めています。

お休みに入る前に在宅なのでユニットバスだけは入れて
使えるようにということでお風呂から進めました。
ユニットからユニットということで解体はわりかしスムーズに進みました。
解体して見えた土台や壁にはホウ酸をぬります。
ホウ酸は防蟻のためにぬり、水で流されない限り効果があるので必ずこれを使います。
他の物の性能を落とさないようにしないといけないので
断熱材をよけたりして施工します。
DSC_1119
ユニットを交換する際に給湯器も交換するので設備やさんに来てもらい
それから無事新しいユニットが入りました。
DSC_1142

無事入ったところで和室の解体です。和室を無くしてリビングダイニングにします。
無くした時点でだいぶ違う印象になってきました。柱があらわになったことでさらに変わります。
ここから打ち合わせしながら変更など細かいところを決めながら進めていきます。

未分類

  • カテゴリーなし