| Subcribe via RSS

里庭のある家

3月7日 12:03 未分類

sugiyama
sugiyama

大工の杉山です。

 

 

断熱材も無事入り、作業もどんどん進み大詰めです。

 

リビングの天井は板張りです。勾配天井なうえ長さが2間物なので2人で貼っていきました。

作業自体は単純な物でもすごく手間のかかる作業なので、

どれだけ段取りよく作業するかが課題でした。

下地を組む段階から足場を組んで作業をしたり、

枚数を拾い長さをあらかじめきったりして貼り始める前に時間を使いました。

9E51CA75-D904-4CDB-9D6F-ABD7704F7B66

里庭のある家

2月15日 10:35

sugiyama
sugiyama

初めて新築戸建の現場を任せてもらい、日々手探り状態です。

いつもとやることは大体同じなような気がするけど、

そもそもそこには何もないところからスタートするから全く違いました。

 

 

さて工事も着々と進み断熱工事に進みます。

断熱工事で今回使うのはグラスウールではなくセルロースファイバーを使います。

グラスウールだと自分達で施工するのですがセルロースだと機械で吹き込むのでそうもいきません。

断熱屋さんが吹き込む前に下地やら設備の配線等全て終わらせないといけないので、

段取りや職方さんとのやりとりも重要です。

A03BCD81-9D91-40F9-BFB2-9FB8D035CF40

86E4A425-7CD9-45A0-A758-56B887AB9C84

今回は壁と天井を分けて吹き込みました。

天井の方には断熱用の下地と天井の下地が必要になってきます。

天井の下地を組んでしまうと断熱工事ができなくなってしまうので吊り木だけは忘れないように施工しています。

安全大会!!

私事ではありますが前回のブログで取り上げました技能検定の結果が発表されました。
練習のかいあり無事合格できました。
まだ実力、知識ともに足りないことも多いですが「さすが1級技能士」と言ってもらえるよう努力していこうと思います。

さて今回は先日機械作業の安全確認をしました。
現場でも電動工具をよく使いますが、
会社の機械は大きさが全然違い怪我をした時の怪我の度合いも全然違ってきます。
怪我をしないよう先輩方から
「意識してること」
「怪我したことがある人の前例」
などなど他にもいろいろ大事なことを教わりました。
怪我は大きいものほど一生にわたって付きまとってくるので
教わったことを作業するときはしっかり意識していこうと思います。

received_230623977991254 - コピー

けがをしないには機械のメンテナンスも大事になってきます。
機械が壊れないよう油をさしたり、
刃が切れなくなったら刃を交換したり大事なことをしっかり教わりました。

received_532155781019410 - コピー

大工の資格試験。

大工にも資格試験が存在します。
職人の資格はほとんどマイナーなものが多いですが、
技能士はれっきとした国家資格であり,
一定の技能を証明する資格なので取りたい資格です。

先日1級建築大工技能士試験を受験しました。
木造建築物の大工工事の施工に基づいて試験は原寸図を書き、木ごしらえ、墨付けをした後、加工組立てを行います。
制限時間もあり、ぶっつけ本番で受けられるものでないのでしっかり練習しました。
暗記して時間のかかる原寸図と墨付けをとにかく練習しました。
どの資格にも言えることだと思いますが仕事をしながらなので仕事が終わってから勉強するのが大変でした。

20200202_085136213[1]
当日は道具の手入れもしっかりしていき準備万端で挑みました。
しっかり練習していったので自分のペースで作業でき無事作業が終わりました。

DSC_1672[1]
時間内に終わらない人もいたので無事終わってよかったです。

化粧の仕事

 

 

新築やリフォームなどの現場には、化粧の仕事が必ず存在します。

床貼りだったり、枠入れだったり。

木の暖かさに触れる、家の中でも数少ない場所。

それぞれの現場で見所が変わり、施工の難しさも様々。それと同時に大工の腕の見せ所だったりします。

 

今回半丸の柱を手加工しました。

9B2A072C-273B-4CB1-AE1F-2EFE604866D7

 

 

元は長方形の断面の角材に墨をして徐々に丸くしていきます。

最初は丸のこを使い、大まかに削っていきます。

 

 

1462CC28-EE00-4DC1-8848-86285C33AE6A

 

 

BEDD86CF-EF8B-4E96-99E6-3B34355F1930

 

 

そこからはひたすら鉋かけ。

しっかり墨を確認しながら慎重に丸くしていきました。

 

72ED2E7E-7AA2-4C87-AE66-854AA2F4202D

 

 

B84898D3-62A3-458D-B61E-8F6CCBE360ED

 

 

なんとか丸くなり、しっかり紙やすりで仕上げてからの取り付け。

時間と手間はかかったものの、綺麗に仕上がり良い感じになりました!

難しいながらも自分にとっていい経験でした。

 

 

 

 

完了しました。

作業しているときでも厚着でないと寒い時期になってきました。
体調管理もしっかりしながら作業しています。

以前からの工事も終わりを迎えました。
このリノベーションでは欧風な雰囲気にしたいとのことで
いつも通りの作業をしていても仕上げに入った途端に雰囲気がガラッと変わりました。

完成した部屋は色が多くクロスもよく使われる白系ではなく
落ち着いた色やアクセントカラー系の色などを使用しました。
DSC_1340
キッチンも造り付けで塗装仕上げでした。
DSC_1407
普段の吊り戸より大きく低い位置までついています。

照明器具もほとんどがペンダント型で光の陰影がとってもおしゃれです。
DSC_1542

たくさんの方に支えられながらも無事終わらせられてよかったです。