| Subcribe via RSS

洗面台、キッチン背面収納

家具職人の五味です。

今回も「小屋のある家」の家具製作です。

洗面台とキッチン背面収納を製作しました。

 

洗面台は

幅1200有るので大きめですね。

面材の木目も繋げています。

ACD8B1FB-166B-421A-A293-276093588172

扉と抽斗が付いているので収納も大容量です。

0E7E1E06-51C1-4763-B223-FC4781590D7A

この上に洗面器を置いて配管工事をします。

A4A65D01-051F-468F-A62C-6074BBF42387

 

 

 

キッチン背面収納

は上吊りの引き戸になっています。

74CC5C93-E2FB-4474-BA19-0B7A984B6C2E

BECF5C24-B06C-4253-9CA8-867C25660726

 

 

D12E4473-D5E9-43E4-AC38-BE59071EAABF

EDB5D461-5918-4FC1-A3B7-7E98397B3B4E

 

 

引き戸のレール部はタモ無垢材で誂えました。

こうすることでとても扉の開閉がスムースになり、かつ丈夫で無垢の質感も得られる仕様になっています。

 

下台は全て抽斗になっています。

右側の空いた部分には炊飯器を乗せるスライド棚がつきます。

24ACF4BD-24F0-4E5A-A637-4C4C24987C73

 

 

これらの家具の形や大きさ、素材も全て弊社の新築に合わせたフルオーダーです。

 

 

造り付け家具の製作

家具職人の五味です。

年明けから「小屋のある家」の家具に取り掛かっております。

家具制作における最初の工程は無垢材を貼り合わせて大きな板にする板矧(いたはぎ)からになります。

家具の甲板と階段板の板矧をしました。

材料は材木屋さんから直接仕入れています。

7733D197-56E7-4AC9-887C-EB1464E03F37

板矧を最初に行う理由は接着剤の水分を飛ばす養生期間を取るためです。

接着剤の水分が木の中に残ったまま表面を仕上げてしまうと水分が抜けた際に板が縮んでしまい、接着箇所に落ち込み筋が生じてしまいます。

7FC5C9C5-69D0-4FCD-ABAB-F262D1854177179B02B2-1565-4049-A9F2-C84845F62383

これは板矧の工程で基本的な事なのですが、もっとも重要な工程です。

板矧後はしっかり養生を取りサンディングで仕上げをし、一枚ずつ梱包しています。

1816996D-1952-44A3-A857-7B8EC6209FCF06FF2747-AFFE-4401-80FA-235514C9A0A9

梱包をしているのは設置までの時間が空く場合に湿度の晒され方にによっては板が反ってしまい、設置が困難になる場合があるからです。

無垢の取り扱いは合板に比べてデリケートなのです。

 

その後は家具本体の制作に移ります。

上部に吊り棚が有り下にはピアノを設置、反対側は部屋の壁になる。間仕切り家具。

E21F18F5-35BF-45FB-B464-87201EEB62AF

非常に大い家具で設置や搬入を考えて特殊なジョイントを使用していきます。

B83B4798-0B34-44A6-AB3D-884C51380A3D

66A42C57-2A92-4A8B-A744-427B450F37B1

 

 

間口が2.7mの吊り棚とデスク。

79844700-2459-466E-A106-BBDE161019FA

 

CC1EBE40-E0E0-4EED-8AB6-1F1A58D289F6

玄関収納を兼ねたベンチ。

0542BA46-172D-4CA3-8099-338A69DAEFBC

 

9A9B62D7-FED9-403D-95A6-0213DC1A3401

この他にも洗面所一式、オーダーキッチン、キッチン背面収納、円形ダイニングテーブル制作等をしていきます。

こんなにも沢山の家具を任せて頂いております。

 

 

 

一枚板伸長式②「伸長脚編」

6月30日 11:48 未分類

gomi
gomi

一枚板で作る伸長式テーブル

今回は脚の製作です。

脚には鉄製ロの字脚をチョイスしました。細身でシンプルな脚です。

IMG_7574

この脚に伸長機能をカスタムしていきます。

 

IMG_7564

天板を受ける腕木をピアノ丁番で固定する為に

タッピングドリルでネジを切っていきます。

IMG_7563

木に穴を開けるのとは大分やり方は違いますが、工具さえあれば問題ない作業です。

 

次に天板を受ける腕木の製作です。

IMG_7547

フラップ天板だけで10kgくらいあるので堅木で製作しました。

形(デザイン)自体に機能が備わっているので製作よりも考える方が大変です。

 

そして独自の形を持つパーツを天板裏に付けます。

IMG_7580

IMG_7586

製作するパーツはシンプルですが腕木やこれらのパーツのフィッテングが最も重要です。

フラップ天板を上げた時に水平な天板になる事はもちろん、

動きのスムーズさ、フラップ天板を上げ下げ時に腕木や他部に干渉しない位置、

10kg以上を支える強度やコストを見越した簡潔な作り等

考えることは沢山あります。

IMG_7589

IMG_7581

フィティングも終わりうまく取付が出来ました。天板にオイル塗装をして完成です。

IMG_7590

 

IMG_7582

後日、弊社でリフォームを指せて頂きましたお客様に納品させていただきました。

IMG_7620

 

IMG_7619

 

IMG_7621

 

IMG_7622

お客様には大変喜んで頂けたと聞き、私も一安心しました。

ありがとうございました。

 

以上

一枚板伸長式テーブル①「天板編」

6月30日 10:29 未分類

gomi
gomi

家具屋の五味です。

お久しぶりの投稿になります。

今回は「一枚板で作る伸長式テーブル」の製作を2回に分けて投稿してみます。

 

一枚板の材種はシンガポールマホガニです。


IMG_7478

このシンガポールマホガニーを加工してみて思ったことは、

比較的に比重が高くやや硬質で重たい割には木目の表情が非常に柔らかい木だなという印象です。

 

一枚板を荒木の状態で入荷したので先ずは平面を出します。

荒木の状態では見た目では分からない様な反りやねじれがあります。

反りやねじれを取り除き、尚且つなるべく厚めに仕上げる事が重要になります。

IMG_7475

板を置く台の平面をレーザーで測定し調整します。

これは今回の全ての作業の中で一番重要な作業です。

地味ですがシビアに調整します。

IMG_7482

平面を出した台にルーター治具をセットして切削していきます。

先に削れた部分が捻じれや反っている部分です。

IMG_7484

 

IMG_7485 (1)

徐々に全体を削り上げると平らな天板になります。

IMG_7489

その次は一枚板の特徴でもある耳と言われる側面部分の仕上げをします。

この部分は皮目の白太でもありますので比較的に柔らかい材です。

ですので、普通に仕上げると削れ過ぎてしまい元々ある木の皮の表情を失ってしまいます。

使う道具を選び皮目を残しながら仕上げなければなりません。

IMG_7509

 

IMG_7510

木の皮の筋が残っているのが分かりますでしょうか。

 

全体をカンナとぺーパーで一通り仕上げます。

IMG_7497

さて、ここからが今回の本題伸長式です。

 

伸長式テーブルにする為に天板をカットしていきます。

IMG_7511

この作業は木目や木の幅がズレてしまうので、切り直しがきかず一発カットです。

丸ノコの切れ味やカット治具も念入りに調整します。

緊張度もMAXです。

 

そして木口の仕上げを施しピアノ丁番を付けていきます。

IMG_7514

さて、この後どうなるのでしょうか。

NEXT→一枚板伸長式テーブル②「伸長脚変」へ続きます。

 

 

キッチン、本棚、収納BOX、建具、デスク

2月なのに最近は暖かい日が多く過ごし易いですね。

年明けからの1カ月半ですでに多くの家具を製作しておりますが、その一部をご紹介します。

 

こちらはフルオーダーのキッチンです。

コンパクトですが、様々なご要望を取り入れています。

IMG_6300 (1)

特徴的なのは下段が全てワゴンになっていることです。

IMG_6301

 

IMG_6302

 

入れるものの大きさや使い方を細かく指定して頂きましたので、

なるべくご要望に沿えるように致しました。

 

こちらはマンションリノベーションのお仕事で間仕切りを兼ねた棚です。

83926998_856200851482913_7706617113800081408_n

84065514_200513224462346_7758997512739880960_n

 

ご予算の都合上、家具はなるべく簡単にと御依頼でしたが、最低限の意匠上の手を抜くことはありません。

そこは家具屋さんが家具を作る良いところなのかな思います。

また、ご依頼主様がご自身で塗装されるなど予算を削減する工夫もしています。

それもまた愛着が湧いていいのではないでしょうか。

 

こちらはアメリカンブラックチェリーの収納BOXです。

IMG_6162

小さなBOXですが、天板はブラックチェリーの無垢板です。

IMG_6160

無垢板なので裏には反り止めも施しております。

クリアオイル塗装を施しました。

 

こちらはガラス入りの建具の製作です。

IMG_6310

家具屋ですが建具も得意中の得意です。

様々な建具に対応しております。

 

こちらは事務所用のデスクです。

IMG_6374

大きさは4×0.6のものを向かい合わせで設置しました。

私もこれだけの大きなデスクは見たことありません。

材料はゴムの集成材です。

このような大きさの集成材も特別オーダーで製作しております。

 

 

 

以上

「車寄せのある平屋」の家具

こんにちは、家具屋の五味です。

仕事にかまけてブログを更新せずに

いつの間にか今年も残るところあと数日となってしまいました。

先日、完成見学会を行いました「車寄せのある平屋」の家具達をご紹介いたします。

今回は意匠面にナラ材を使用しています。

ナラ材は一般的には高級材にあたります。

木目がしっかりしていて硬質な質感があります。

キッチンはアイランド型と壁面とセパレートに配置しました。

IMG_6037

 

アイランド型は両面使いの収納扉付きです。

IMG_6038

 壁面側は引き出しを多く配置して、収納を十分に確保いたしました。

IMG_6035

 

ソファーも背と座のクッションを含めフルオーダーメイドいたしました。

大容量の収納引き出しもついています。

IMG_6033

 

 IMG_6034

TV台は間口が3.6mもある超大型ではありますが、

非常にすっきり収まったのではないかと思います。

IMG_6032

天板は無垢材をハギで製作いたしました。

ハギとは材料の幅を目的の幅にするために、繋ぎ合わせる作業の事を言います。

この作業は材料の長さが長くなればなるほど大変であるのと、材料の購入や選定が難しくなってきます。

今回は3.6mあるので苦労する部分もありましたが、綺麗に収まって良かったです。

IMG_5393

このようにハギの際は長い材料を一枚ずつ木目の選定しております。

 

 

建具も家具と共材にて製作しております。

写真の建具は、リビングダイニングのメインの建具なので、無垢の框組で製作しました。

IMG_6041

そしてアイランドキッチンの横にはテーブルをクルミ材で製作しました。

IMG_6036

こちらは総無垢で脚も共材のクルミです。

IMG_6025

 ホゾ組みなので強度は抜群です。

組み立てもクランプしてしっかりかためます。

IMG_6008

 

IMG_6021

 

 

クルミは木目と質感が柔らかくて手触りの良い木です。

テーブルには良く適した木材です。

ナラ材の家具にもとてもマッチしていると思います。

 

他にもトイレ収納やミラー付き洗面台などご紹介しきれないほどありますが、

このようにすべての家具を自社で製作できるのが中山建設の大きな特徴です。

 

 

さて、私の今年の最後のブログですので最近のチャボの花梨さんの様子もご紹介したいと思います。。

 

 

今年の5月に引っ越してきてやっと環境に馴染んできました。

IMG_5779

椅子の上で箱座りしています(笑)

IMG_5988

初めての冬を迎えてこの寛ぎ様ならもう安心ですね。

併設されたカフェに来るお客様にもかわいがってもらっています。

IMG_5833

素敵なカフェテラスを背景に一枚。

 

今年も大変お世話になりました。

ブログを見てくださってありがとうございました。

それでは皆様よいお年を!