| Subcribe via RSS

暮らしを豊かにする技術

新年あけましておめでとうございます。

旧年中はひとかたならぬご厚情を頂き有難うございます。

弊社の昨年はといいますと物づくりに没頭する一年となりましたの一言でしょうか。

フェイスブックやブログをさかのぼるとあんな事やこんな事。年末までやりきった感がありました。

ひたすら研鑚の日々というくらい、親方大工・家具職人・若手大工達は、新しい価値を生み出すために苦しみ励んだ気がします。

お客様に大きく期待されて、その期待に応える事の大変さを知った年となった気もします。

今年も絶対良い物を作る!昨日よりも今日!今日より明日!

慣れる事なく社員一同もの作りに挑んでまいりたいと思います。

2019年も宜しくお願い申し上げます。

株式会社 中山建設 代表取締役 中山周平

48411625_1971304236318546_3574315978944675840_o

 

31949454_1677350529051754_768743045121179648_o

41610894_1839711129477858_4186868758775595008_o

 

 

横浜大工の勉強会

12月10日 21:58 代表ブログ 未分類

Nakayama
Nakayama

大工工務店4社の集まりによる「大工工務店の会。」

構造編が終わり設計編に突入しました。

田中敏溥さんによる講義。めちゃめちゃ楽しみにしておりました!

設計???大工さんは作るでしょう!

設計なんて関係がないのではと思われるかもしれませんが

家を作る上で欠かせない設計士さんが

どの様な事を考えて、何を大切にして家を設計しているのか。

知る事。思いを汲む。共同作業をするうえでとても大事なことだと思います。

大工さん達が真剣に話を聞く姿が印象的でした。

48056302_2099407743452244_3379567374171635712_n

 

会の発起人である濃沼さんも熱い思いを語っていました!

48364050_337197753740815_6563740545561133056_n

 

田中さんの著書にサインを頂きました!

48356503_921593994701110_5323349064148844544_n

 

横浜マンションリノベーションの流れ

9月16日 21:56 未分類

Nakayama
Nakayama

暑い夏もなんだか遠い昔のよう。

セミの声も心なしか少なくなり、夜の虫たちが秋の訪れを知らせてくれます。

9・10・11月はマンションリノベーション工事が2件始まります。

「空中ガーデンのある家」

40570652_1826475970801374_8155039492235853824_o

草花が好きなお客様。ベランダと室内の窓際を丁寧に繋ぎます。

風と光が室内の奥まで回るように2つの動線を確保しつつ

家事導線をスッキリ一直線に。

草木が引き立つように素材も丁寧にセレクトしました。

木の使い方を少し丁寧に考えています。

解体も進み、造作工事に入っていきます。

20180912_114056

20180912_114059

 

そしてもう一件

マスタープラン一級建築士事務所 設計・デザインの横浜案件を担当させて頂く事になりました。

お客様との打ち合わせは初回採寸時から同行をさせて頂きましたので

沢山の経験、勉強させて頂いております。

マンション管理組合リノベーション申請~近隣挨拶~養生~解体~墨出し~

エレベーター養生

20180820_154855(0)

解体

20180823_135048

セコム・設備打ち合わせ

20180906_112028

20180828_131457

高性能遮音2重床・ジャストフロアー搬入(竹村工業)重いっす。。。

41697267_344347122969467_8582529961007513600_n (2)

マンションリノベは上下階、近隣の方への配慮が大切です。

「草食系大工」で有名な中山建設は(笑)そのあたりは怒られるのが怖いので

念には念をそしてサラに念をいれて気を使っています。

怒られるのが嫌なのです。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

造作家具と建具を作る

8月21日 7:45 未分類

Nakayama
Nakayama

オリジナル家具でまとめる難しさを最近痛感しています。

キッチン・カップボード・テレビ台・ソファー・玄関収納・フラッシュ建具・框戸・テーブル

中々の物量を一件の新築・リフォーム案件で作ることになります。

2件重なるとさらに倍。

20180815_184652

20180815_184640

 

 

打ち合わせ・図面作成を繰り返し工房へ流します。

家具職人は一人。

当然作り切れるわけもなく大工が製作に参加します。

20180821_073211

 

大工一人一人も家具や建具への知識は分厚く、苦も無く製作します。

工期優先で外注の家具やさんに頼んでしまったら約1.3倍くらいのお値段になってしまう。。

無垢で作っているのでもっと差が出るかも。。。

やはり社内で作りきらないとお客様への提案が難しくなりますね。

家具職人を増員か工期をもう少し頂き作りきるしかないかな。

何にしても工房は賑やか。

物作り工務店としては嬉しい悲鳴!

良い物をつくる環境をどんどん整えてさらに高みへ!

47-205A5876

トップランナーと呼ばれる先輩工務店の背中を追います!

 

 

 

 

 

 

 

横浜注文住宅 中間検査 「ミニコーナーのある家」

7月18日 20:34 未分類

Nakayama
Nakayama

「ミニコーナーのある家」

梅雨の真っ最中に上棟したミニコーナーのある家。

大工の頑張りで心配していた雨には全く打たれず

雨仕舞まで一気に進みました。

写真では通気層の為の欠きこみ、屋根面の合成を上げるため屋根垂木を固定する金物ラフターロックが見えます。

ルーフィングを敷きこみます。

これでひとまず安心。

36325489_374999726357050_1339781452753010688_n

36300524_374999819690374_3796685995139661824_n

 

 

耐力壁はノボパンをセレクト。

ボード気密工法なので気密は外壁面でとりますので気密テープを張ってから

外壁施工になります。

ひと手間かかりますが結露の事故や換気設備をしっかり機能させるためには必要な工事になりますので入念に!

36357761_374999949690361_4506618843350695936_n

 

釘がめり込むと耐力が落ちるので釘打ちにも神経をつかいます。

構造計算上耐震等級3を確保していても施工がだめでは問題外。

36298421_374999929690363_4340297269900214272_n

 

 

サッシも無事搬入されて取り付けられました。

YKK APW330 LOW-E ガス入りをセレクト

「ミニコーナーのある家」はUA値0.41 断熱性能等級4 6地域区分では HEAT20 G2基準となります。

費用対効果の一番高いセレクトとしていますので決してオバースッペクではないと思います。

 

IMG_3725

指定確認検査機関による中間検査をうけて本日受領してきました。

IMG_3720

IMG_3721

 

37283764_2088428277931215_5611311056384163840_n

 

現場は大工の手によって淡々と進みます。

 

横浜市住まいのエコリノベーション補助事業

6月21日 20:53 未分類

Nakayama
Nakayama

「緑とつながる家」

横浜市住まいのエコリノベーション補助制度を利用します。

http://www.city.yokohama.lg.jp/kenchiku/housing/sumai-eco/hojo/

窓口に行き担当者の方からレクチャーを受けました。

簡単にまとめると

既存住宅の断熱性能を上げる工事や省エネ設備の入れ替えにかかる費用を一部補助してくれます。

窓の交換・内窓の設置 (居室一室以上)

屋根全面断熱改修(一部残す場合は残っている部分の断熱性能を証明する必要あり)

天井全面断熱改修(〃     )

床 全面断熱改修(〃     )

横浜6地域の熱還流率基準値をクリアーしている事が条件です。

壁2.2w/㎡2.k 外気に接する床3.3w/㎡2.k その他の床2.0w/㎡2.k

既存住宅の内容にすり合わせるとなると中々達成するのに厳しい数字です。

今回の「緑とつながる家」の床断熱は根太高さにあわせて高性能フェノールフォーム45mmなどで対応します。ギリ。。

 

気になる補助金額すべての項目を1として金額が分かるようにしてみました!

35963607_2044957368944973_3438781650194923520_n

 

 

住宅すべての開口部を断熱改修をする場合 上限80万円

一室以上の開口部改修、10万円以上      上限40万円

中古物件を購入して断熱改修をする場合是非活用したい補助金です。

申請はすご~く難しいというところはないのですが、断熱について知識がないと少々手こずると思います。

お考えの際にはお声掛け下さい。