| Subcribe via RSS

テーマのあるリノベ―ション

6月2日 12:05 リフォーム

Nakayama
Nakayama

リノベーション工事。

一番大事なものはと聞かれたら・・・

コンセプトと答えます。

もちろん可変性・住環境・素材大事な要素は沢山あるのだけど。

【家具でつなぐ家】コンセプト・あだ名

 

IMG_0924

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆お客さまが大事にしているおばあちゃんから譲り受けた椅子。

「いつも誰か座ってるよね~~。」

ヒアリング時の他愛もない話のなかに大事な話

 

◆次男くんの部屋は家族の動線上に

物干しへの通り道。妹が部屋へいく通り道にありました。

 

◆ご家族の団らん場所はダイニングテーブルだけしかないから

どこか窮屈。

 

どんな切り口でリノベーションを進めるべきか考えました。

 

幸運にも2階の間取りが構造を触ることなくに大きく取れそうなので

1階の和室を使っていた長男くんの部屋を、2階に持っていけそう

なので3分割して兄弟3人で共有。

空いた和室はダイニングと一体化

大事なおばあちゃんから譲りうけた家具を主役にして家中で一番いい窓際に配置

家族の集まってほしい1階にいろんなコーナーを作りました。

大型ソファーやテレビ台件ベンチ。

兄弟3人の部屋をけんかにならないように家具で平等にゆるやかに仕切る。

大きくはそんな事を考えてご提案しました。

そんな工事がこの度完成!

とてもうれしいです。

 

「おばあちゃんの椅子」

 

P1026721

 

 

 

 

 

 

 

 

「ダイニングから」

 

P1026756

 

 

 

 

 

 

 

 

「リビングから」

 

 

P1026745

 

 

 

 

 

 

 

 

「妹のお部屋」

 

P1026775-2

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「長男くんの部屋」

 

P1026780

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「次男くんの部屋」

 

P1026790

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「廊下から夫々の部屋をみる」

 

カーテンで緩やかにしきりました。

色とりどりで可愛いですね。

 

P1026770

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「大きくなったリビングで」

 

P1026833

 

 

 

 

 

 

 

 

強いコンセプトげ出来ると工事の大きさ関係なく

リノベーションは楽しくなると思います。

こんな達成感をお客さまと共有できると本当に嬉しいです。

ありがとうございました。

 

 

 

 

 

金毘羅宮

5月28日 9:37 代表ブログ 日記

Nakayama
Nakayama

暑い季節がやってきました。

まだ空気がカラッとしているので幾分過ごしやすい。

日陰に入りお茶でも飲んむ午後のひと時とか最高ですね。

私といえば五月の連休を利用して香川県へ。

久しぶりの旅行に子供達も楽しそうです。

 

香川といえば「うどん」が代名詞なのですが

うどんの話をここでしてもしょうがないので・・・

香川で見た印象的な建築物のブログです。

「金刀比羅宮」本宮までも長い石段をのぼります。

 

 

280478074_722298178913572_1024119970890986776_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

つらく長い道のりですが登った甲斐がありました。

 

圧倒的な建築物!

 

280314119_1459179734540974_8761597320611498055_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すごい木組み!圧倒されます!

 

280179341_447519590514772_3659142170790355469_n (1)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

木の渡り廊下

す~~と軽やかで美しい。

 

 

280928527_419540053365962_852607681537975365_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

美しい屋根

 

280066793_434949721294264_7915668727601532519_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして何より心奪われたのが軒。

扇だる木

 

282349659_687331775659797_3716291889047055593_n (1)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

280636490_1649745132052885_7287095050853397129_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

280657137_306400201695390_1602085568228954165_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うどんももちろんおいしかったですが

建築を堪能する旅となりました。

ほかにも

「こんぴら歌舞伎」

 

 

281135741_550680536446917_8161507606881561005_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「栗林公園」

掬月亭

 

 

281851258_1141004906459828_8624335028180334852_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「四国村」

 

279767797_396875492361576_8838447423420109921_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

沢山のインプット。

ゆっくりと楽しむことができました!

 

うどん。。うまかった!

 

279072043_729725761556996_754125205937403097_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ちょっと見学に・・

4月28日 17:39 代表ブログ

Nakayama
Nakayama

汗ばむ季節になってしまいました。

あっという間にもう5月・・・

うそでしょ・・・

時間をもっと大事にしよ!

という事で、本日は下北沢へ。

【BOUNUS TRACK 新たなスタイルの商店街】

を見に行きました。

コミュニティーが現在大きなテーマとなっている弊社。

何かヒントがあるのではという気持ちからです。

「ボーナストラック」って絶妙なネーミング・・

https://www.jalan.net/news/article/442322/

私の下北沢という場所のイメージは

古着・色々お店が混ざってる・おしゃれ・若者

みたいななんとも情けないくらい断片的な記憶内容。

20年ぶりに訪れると、、まーイメージ通りというか、そんな感じでした。笑

久しぶりなのでとても懐かしい。

ボーナストラックがある線路跡地部は

当然新しい価値観を意図的町にもたらして

路線沿いという事もあいまってくっきり見えます。

 

 

 

277072936_427684229166095_3411335602313981532_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

276051482_975015169846960_1209826910027766042_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

277917181_512517907167975_159868373524177652_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

オーナーの価値観がにじみ出る多店舗で構成された集まり。

深い軒下。

一休みベンチ。

ワクワクの要素がたくさんちりばめられていて

工夫をたくさん感じました。

一方でもう少しなんだろ・・もう少し・・

もう少し何かが足りないなと感じてしまった。

生活感なのかな・・ん~~~。

今度古川設計士と話をしてみよ!感じた事を整理できるかも。

 

私たちは工務店は

作る事は出来る。

だけど息長く人の活動が止まらない場所づくりと内容を

自社に落とし込んでみたり。

まだまだやれることはあるな。

そんな事を考える時間となりました。

 

2022 明けましておめでとうございます。

2022年!

明けましておめでとうございます。

昨年は、若手の入社と共に中堅・ベテランの成長が感じられる一年でした。

作り出す家のクオリティーが、年々上がっていくのを感じます。

しかしお客さまの私達への期待も年々上がっていってます。。。

期待に応えられるようチーム一丸となってもっともっと頑張ってまいります!

そして・・・・

毎年恒例 今年のやるぞ宣言!

①キッチンカー計画

前年度からの引継ぎです。昨年やっと前に進めることが出来たプロジエクト。

グイっと一歩進めることが出来ましたので、このままスピードを落とさないように活気づけてまいります。

めちゃくちゃ楽しみです!

②池辺町工場・旭区ショーホーム活性化計画。

家具製作・キッチンカー計画・キャンピングカー計画を絡めて今年こそガンガン進めるぞ!

もっともっと高めていく工夫をしていきます。

③キノユカ始動

こちらは昨年完全にストップした計画・・笑

マンパワーが足りないですね。。

まずは人材募集から始めてみます。無垢床を貼るリノベーションは絶対やりたいと思ってるのです。むかしから。。。

年末新しい出会いもありましたので行けそうな感じ!

 

 

269687724_454622479598497_8425552093504417079_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2022年もどんどんチャレンジして、皆様により良い家を提供できるように努めてまいります。

本年も引き続きよろしくお願い致します。

 

株式会社中山建設 代表取締役中山周平

 

 

 

お引渡し

あ~~という間に12月。

1月が一昨日だったんじゃないかと思うくらいの体感とのギャップを感じます。

そんな書き出しとは全く関係がないのですが「お引き渡し」について

ブログに書き留めたいと思います。

工事期間6~7ヶ月をかけてお客さまと共に工事を進めてきます。

紆余曲折・・ある場合もない場合もあります。

この日を境にみんなで作り上げたお家はお客様の元へ。

よく寂しい気落ちになるという事を聞くのですが

私自身はあまりないのです。ちょっぴりあるけど

むしろホッととしたという気持ちがのほうがはるかに強い。

チームとしての成長・個々の成長感じたり、次への課題みたいな物を考えたりもしています。

 

260002329_1050265062493084_2847326348455930496_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お引渡しには担当の大工も参加する。

当たり前の話に聞こえるかもしれませんが、当たり前ではないのです。

もともと大工だった私にとっては、とても不効率に感じてしまってたのです。

この時間、技術のある大工は現場で作業をしている方が、「効率的」と感じていました。

大工時代に一件「建売り」の現場をまかされる機会をいただきました。

そりゃもう一生懸命やりましたよ。材料は無垢材とか全く無縁のお家でしたが

初めて一人で任された現場ですから。

ただお客さまとは顔を合わせる事は一度もありませんでした。

現場を終わらせ、しばらくしてからこそっとと見に行きました。

初めてご家族を見ることが出来ました。豆粒のような大きさですが。。

達成感・喜びと寂しさ複雑な気持ち。。。

3人家族でした。恥ずかしながらちょっと涙が・・笑

こんな気持ちにはさせたくないな~~。

社員の大工には自分がしたかった事、感じたかった事

全てをしてもらいたいし。感じてもらいたいという思いに強くかられ

地鎮祭・打合せ・お引きわたし・見学会に参加できる体制としました。

 

259063938_572994573802446_3811113844326359839_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結果どんどん意識が高まり、現場での会話の先にお客さまのへの配慮も出てきました。

大工がお客さまの顔や人柄を感じる事でクオリティーが上がっていくのを体感しました。

工事が始まり

私たちが見据えているのは、この写真が全てであり目指すものだと思っています。

手を動かし、出来上がった家が評価される工務店である以上

真摯に物づくりに向き合う事でしか立てない場所です。

 

258850207_611578010277874_8842078566323463434_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

258017994_625210505301203_5159475106704359667_n

 

 

 

 

 

 

 

 

259051854_1104430963631127_511701024908027185_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

細かいところは置いといて、中山建設は単純にここを目指すのだ!!

置いとけないけど・・・

 

工務店がキッチンカーを作る

10月1日 8:49 代表ブログ

Nakayama
Nakayama

もう10月・・・

お陰様で毎日忙しく仕事をさせて頂いています。

そんな中で動いていたキッチンカー計画。

いよいよデモ車の軽トラック購入までたどり着きました。

なぜ工務店がキッチンカー。。

不思議に思うスタッフ多い。笑

私的には全て繋がっていて考え抜いた末の必然なのですが、、

そもそもの始まりは弊社モデルハウスに併設されたカフェ【杜カフェ】が始まりでした。

私たちの造る家は住まい手がいて完成。

モデルハウス。悩む・・

今のはやりで作るべきか・・・だれを想像してデザインすれば良いのか・・・

クライアントなき家は自分には作れないという事を実はここでハッキリ確認しました。笑

そして行きついたのが【モデルライフ】

モデルハウスよりもモデルライフでしょ!

という事で地域に開放されたカフェを作りました。

スタッフはプロではなく「町のお母さん。」

働くお母さんたちは職歴も働く理由も様々。

料理が得意な方がいたり、パンを焼くのが得意な方がいたり。

将来自分の店を持ちたい方がいたり。

共通するのは自分たちが提供する料理やパンでお客さまが喜んでくれているという

ダイレクトなライブ感が好きという事。

ただ・・

好きだけではモチベーションが続かないのも事実。

ここで働く事で見える未来が必要なんです。

新しい世界を広げなくては!という事で閃いたのが【キッチンカー】

独立のハードルを可能な限り下げて独立できる環境づくり。

働くお母さんの「得意技一つ」で街を元気にできる。

そんな事を考えました。

街を元気にするには街を元気にするデザインが必要。

箱もそうですが、それだけではうまくいかないのもわかっている。

そこで工務店や建築家がキッチンカーを作るという意味が生まれてくるのではと。

キッチンカー計画

スクール・製作等まで幅広く進んでいます。

もう少しで形になりますので応援の程お願いいたします。

198194930_161575925984686_9045843968696253503_n