| Subcribe via RSS

耐震等級3

7月13日 7:39 未分類

Nakayama
Nakayama

「大工工務店の会」第2クール

講師に山辺さんをお迎えして
お話を聞くのは最終回となりました。
最終回を迎え感じるのは
構造への関心、安全への関心を
大工・設計共に深めることになり
高い位置で意識共有することができました。
今ままでも安全には力を注いでいたのですが
物事には奥があり、さらに奥がある。
永遠の苦悩に足を踏み入れる形になりました。
「耐震等級3」は安全と決めつける絶対安全の指標ではなく
構造に余裕を持たせながらどのような特性をもった家を設計するのかが大事だと気づかされます。
山辺さんの言葉で深く突き刺さる言葉がありました。
雑談のようなしゃべり口調で強調することもなくさらりと発した言葉。。
「1/30」を覚悟しなさい。
大地震が来た時に受けるであろう家の変形角。
このダメージを受けた状態からさらに熊本地震のような2回目の揺れ。
人命を奪うことなく倒壊しない家をイメージしなくてなならない。
そんな言葉だと受け止めました。
止まることのない向上心と責任感をもって挑んでいきたいと思います。
62601030_2356151727933242_8140642413967310848_n

構造用面材を検討する

6月16日 22:10 未分類

Nakayama
Nakayama

2019年 株式会社マクス・株式会社創建社・有限会社丸晴工務店・中山建設の4社合同で

家を作る現場で使える木構造実験で体験する

「実大試験体加力実験」を行いました。

木造構造の第一人者である山辺構造設計事務所 山辺豊彦さんを

解説者として招くという贅沢な実験!!

64648375_196368274600077_5973753665637318656_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

否が応でも上がります。

実験会場は関東職業開発大学構内

環境の整った素晴らしい施設です。

ひろい。高い。

こんな工場があればね、なんでもできるなこんな場所あればと夢を見てしまうぐらい良い環境でした。

今回の実験体リスト

15日

①タイガーEXボード9.5㎜ 壁倍率2.3倍

②モイス壁倍率3.8倍 (背割れ入り柱・モイス縁からの離れ30㎜)※大臣認定ではない

③筋交い金物止め 桧45×90 2倍用筋交い金物

16日

④モイス壁倍率3.8 大臣認定仕様(FRM-0306)モイス縁からの離れ12㎜

⑤ハイベストウッド9㎜ 壁倍率4.0

⑥垂木@455+化粧天井+構造用面材

引き抜き試験

①込栓 天然乾燥材 土台上場から45㎜ 18㎜樫 土台:桧 柱:桧

②込栓 天然乾燥剤 土台上場から60㎜(土台中心) 18㎜樫 土台:桧 柱:桧

③込栓+オメガ15KN 天然乾燥剤 土台:桧 柱:桧

④込栓 人工乾燥材 土台上場から45㎜ 18㎜樫 天乾

⑤込栓 人工乾燥材 土台上場から45㎜ 18㎜樫 土台:桧 柱:杉

⑥オメガコーナー15KN 2個 人工乾燥材 土台:桧 柱:杉

⑦込栓斜め打ち 人工乾燥材 土台:桧 柱:杉

⑧ほぞ貫通クサビ打ち 人工乾燥材 土台:桧 柱:杉

これだけの数を2日間かけて抵抗値を計りつつ限界値まで力をかけ続けます。

最大抵抗値の80パーセント減の時点で実験は終わります。

 

中地震(一次設計1/120変形角)建物は損傷しない

大地震(二次設計1/30変形角)建物の損傷は免れないが倒壊させず人命と財産を守る。

壊れるまでの過程でこの2か所に着目しなくてはなりません。

※ちなみにメーカーの値は1/120時になります

今回の実験で分かったこと。

構造設計の考え方で面材のセレクトから配置まで変わってくるということ!

「ここに尽きるな」と思いました

熊本地震のように大きな揺れが2回来た場合の2回目にも抵抗するには

ピーク値が早めに出て抵抗が0になるよりも、より大きく変形値が入っている場合でも緩やかにピーク値が出て長く抵抗値を保つ特性のものが良さそう

どの壁だから強いという単純な考え方では乱暴な事なんだと気づきました。

大地震で家を倒壊させない設計。

人命を守る設計が求められていると強く感じました。

この実験を通して大工はより知識を深めました。

1/120 1/30 面材・筋交いの壊れ方を知ったことは凄い事だなと思いました。

目で見て肌感で知る事は1000の言葉よりも伝わりますね。

大工を横で見ながら確信しました。

これから少しでも家を強くするための工夫が大工自身から現場から生まれる予感。

たのしみですね。

64289955_893595860978284_4114975258258178048_n

 

 

 

 

 

 

 

 

64613066_1907484909352499_4523494912317980672_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ホビーハウス

5月28日 7:36 未分類

Nakayama
Nakayama

江東区マンションリノベーションが始まりました。

「ホビーハウス」

担当は加藤大工と高野大工です。

61166513_497564660781318_1662577519544500224_n

61304546_389023331956887_3999114246251085824_n

今回の工事は部分リノベーション。

フルリノベーションと違い、すべてを壊さず、既存をいかす場面が出てきます。

設備配管の更新や間取りの大幅な変更は難しいですね。

新しい価値を生み出す全面改修は、もちろんリノベーションと呼びますが

キッチンの方向を変えて動線を追加したり

収納スペースの増加、アイデアを形にして暮らしを豊かにする小さな工事も

中山建設では「リノベーション」カテゴリーとして考えています。

今回の工事はワンルーム化。

お客様の趣味を支えワクワクするインテリアを目指します。

今回の工事で出来ること、もし2期工事を依頼されたら

今回やり残した更新ポイントがリフォームしやすいこと。

長いライフスタイルの変化にも対応した、無駄のない提案は工事の流れを知っている工務店の仕事です。

やっぱり無垢のフローリング私たちのリノベーションでは欠かせない要素の一つ。

暮らしの豊かさを増幅する最強アイテムです!

61422020_656783568107841_4195445121270939648_n

 

楢フローリングUNI 1820×90×15 ラスティック

 

 

 

地域工務店として生きる覚悟

4月1日 7:52 未分類

Nakayama
Nakayama

2019年4月1日本日新元号が発表されます。

人材不足と呼ばれるこのご時世に

本日から2名の社員が入社。

新体制で今季を迎える事が出来ます。

お客様と一緒に家づくりを進めるうえで

もっともっとお客様との一体感を目指すために、ベストパートナーとなるために

社内チームワークを強化していきます。

最近ショーホームが稼働し始めたことでたくさんの表現が可能になりました。

中山建設の理念

「物づくり工務店としての誇りを持ち、向上心あふれる集団である事」

人を作る・家を作る・暮らしを作る・町を作る・コミュニティーを作る・幸せを作る

作り続ける事で地域に笑顔を生み出し続けられる企業を目指します。

工務店として地域の役割を重く受け止め

ここからは今まで以上にプロフェッショナルとして試される年になるかと思います。

現場がすべてであり、表現のすべて。

気を引きしめて社員一同頑張ってまいります。

100%を目指すための成長を望み、100%の確実な仕事を目指します!

AE2I4794

AE2I4792

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コミュニティーの場をつくる

都築の杜プロジエクトもいよいよ「飲食の章」に突入しました。

数年前からスタートした物づくりのコミュニティー「都築の杜」

木工・革細工・彫金・デザイン・ワークショップetc

物づくりを楽しむすべての人々が楽しめる場になればとコツコツ活動、工房の一部を開放提供してきました。

最近では少しづつ少しづつ「都築の杜」も認知されてきて

工房で工作を楽しむお客様の姿を見る事が増えてきました。

ただ物づくりを本当に楽しむには、長時間滞在できるように

キッチンが必要だなとか、疲れた時はおいしいお茶が飲めたり出来る空間が必要だな、とか感じていました。

私達は家を作る仕事をしています。

豊かな一日の暮らしをご提案できる場所を作りたいという思いも重なり

いよいよ「都築の杜」食べるの部:杜カフェ・Bをオープンする事となりました。

天然酵母パン、地場野菜が食べられるオーガニックなお店になります。

庭や畑未完成な部分はコミュニティーの中から湧き出るアイデアで育てていきますので

是非遊びに来て下さい。

今後都築の杜コミュニティーを起点に、物づくりと食への広がりをさらに試みて、より地域に根ざす活動を進めてまいります。

52093907_2225703447746543_5982395088297263104_n

 

 

 

 

 

 

 

中期経営計画

2月6日 9:01 未分類

Nakayama
Nakayama

昨日は藤間会計事務書にて中期経営計画書の作成。

思い返してみると2012/08/22日に計画を立てています。

7年前か。。。実は結構はっきり覚えていて(結構忘れてしまう性分)

当時藤間会計事務所の3人。松本さん、佐藤さん、福村さんにつきっきりでご指導いただきました。

佐藤さんが「社長行けますよ!素晴らしい考えです社長!」とか盛り上げてくれていたことが鮮明に。。

あ~~はずかしい。。

きっと本当は途中で計画を見直したり達成率の確認をしたりしなくてはいけないのですが

タイムカプセルを開ける気持ちで7年前の自分と向き合う事になりました。

7年前の計画書を見ると社員4人と書いてある。

加藤大工・秋元大工・事務員さん・中山の4人。

試行錯誤しながら、右手にロマン・左手にそろばん(苦手)を持って格闘した形跡が至る所に。。。

何もみえてないな。。。これは。。。

7年後の私達はこうなっているという答あわせ。

目標を遥かに超える位置で皆頑張っています。

その頃絵空事のように藤間さんに吐き出した思いは、達成している。

地域の人が集まれる場所を作りたいとか、若手を育てたいとか、新築をもっと建てたいとか、高クオリティーの家具・建具をもっと作りたいとか。

こんなお客様と出会って、こんなお家を作っていたい。

イメージ出来る事は、形になるんですね。

今の自分が出来ている、未来のイメージは、過去の自分にはイメージ出来ていない。

イメージできている事はかなりの確率で達成できるという自信につながりました。

現在の社員数は加藤大工・秋元大工・石谷大工・杉山大工・高野大工・五味家具・塩原・佐藤・佐藤(アルバイト) 計9人

いま思う5年後へ向けての中期経営計画。

その時とは比べようないくらいの具体的数字感と広がり感。チームを信じるとなんでも出来る。

大工工務店として、皆がやりがいを常に持ち、持続可能な経営をめざして!

スピンネーカーアップで頑張ります。

51304273_2298587870425747_188801419392843776_n

おまけ 7年前

加藤

 

423274_321995877916065_2134928661_n

 

秋元

252618_334233000025686_977517062_n

ビジュアルはあまり変わってない模様。