| Subcribe via RSS

小町の家が着々と…

3月1日 12:16 未分類

haga
haga

こんにちは、設計現場管理の芳賀です。
現在基礎工事中の小町の家が進行中です。
鎌倉市内には史跡・埋蔵文化財が多くある地域のため、
基礎掘削時に市役所の立ち会い確認がありました。

429642556_374669048688620_7702720401134013554_n

 

路地幅が狭く工事車両が入っていけないため、
ミニユンボが来るのを待ちつつ基礎やさんにスコップで所定の深さまで掘って目視確認をしました。
結果、遺跡は出ることなく工事続行の許可が無事に下りてほっとひと安心。

PXL_20240207_072226275 PXL_20240208_065033284

PXL_20240208_072212712 PXL_20240209_011658945

 

近くに川が流れているせいか、地盤補強が必要になり
こちらも地中深く埋められないので表層でも補強ができるシート工法を採用しました。
暖冬と言われていますが、突然の雪や雨が冷たい雨が続いたりと天気に振り回されています…
なんとか上棟までのスケジュールも見えてきたので、引き続き進めてまいります!!

「鶴見の家」上棟式

2月13日 20:57 未分類

ogura
ogura

「鶴見の家」の上棟式を行いました。

最近では足場が整ってから上棟式を行うことが多くなってきました。

 

四方固めと言って、家の四方に米、塩、お酒をまき、今後の工事の無事を祈願します。

今回が大工さんとお施主様の初顔合わせだったため、一人一人自己紹介とご挨拶をさせていただき、その後はお施主様のご厚意でお昼を一緒に食べました。

427861467_3939219106300021_834443299311976077_n

426742434_767748598112070_4157585358328591874_n

二階建て、ご兄弟二世帯住宅。お二人の色は違いますが、それぞれこだわりの詰まったお家です。大工さんは2棟同時に建てているようとのこと、、

427810799_1537531933771111_4838210400465349296_n

リノベーション工事すすんでいます

2月1日 20:56 未分類

若林真由
wakabayashi

こんにちは。設計の若林です。

 

昨年の秋から工事をしている戸建てリノベがもうすぐ引渡しです。担当は杉山大工。

在宅のリノベのため、施主さまと密にコミュニケーションを取りながら進めてきました。

 

在宅リノベならではの、大工さんと施主さまがやり取りをする交換ノートがあります。

そこには大工さんから作業内容の報告と、施主さまからご在宅・ご不在の予定の連絡が書き込まれるのですが

工事が進むにつれて施主さまがリノベに対して感想や職人さんへの労いの言葉を書いてくださったりして

一緒に家づくりをしていることを実感します。

 

左官工事は施主さま自ら行ないました。

とてもきれいな仕上がりです。一部にはこんな素敵なディテールがあしらわれていました。

IMG_7216

お引渡しまで、あと少し。

新たな姿になったお家で快適に暮らしていただけるよう、最後まで力を合わせて頑張ります!

 

 

今月からは新たにマンションのリノベーションも始まりました。担当は加藤大工です。

解体作業初日に現場に入ってみたら、壁にとってもかわいいメッセージ。

うれしすぎて、フェイスブックにもインスタのストーリーにもアップしたのですがここでもアップさせてください…!

IMG_7091

解体作業が順調に進んでいますが、この壁はまだ解体されずに残っていて、大工さんを応援してくれています。

来週頭には解体も終わり、墨出しと下地組みが始まる予定です。

 

通常の工事よりも作業可能時間が限られているマンションリノベ。

現場がテンポよく進められるよう、この現場も力を合わせて頑張っていきます!

本年の振り返り

12月28日 18:27 未分類

中山周平
nakayama

今年も残すところあと少し

中山建設の業務は今日まで!

明日29日は加工場、事務所の大掃除で締めくくります。

しかし早い早い。時間がたつのが早い。

歳を取ったからなのか、なんなのか。色々急がないとまずいとか焦りも感じたりします。

この気持ちも毎年恒例ですが・・・笑

今年もありがたい事に沢山のお客様との出会いに恵まれ

沢山の仕事をさせて頂きました。

新築、リノベーション、メンテナンス。

記憶に残る工事ばかり。

スタッフ個々の成長も感じられたし、組織としても確実に階段を一つ上がった手ごたえがありました。

まだまだ未熟なチームなのは分かっていますが

先の見えない山の頂上だけを見てがむしゃらに上っていると分からなくなる現在地。

たまには見下ろして上った山の過程を見てみるのも悪くない。と思ってます。年末ってそんな感じです。

来年は大工さんが新しく仲間になります。また頂上目指して一心不乱に計画的にかつエネルギッシュに頑張りたいと思います。

今年一年大変お世話になりました。

来る年の皆様のご繁栄とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

 

412258733_869786921813230_352893416489511519_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

396350680_836302015161721_385265693468967121_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

383169693_815488803909709_7891218137631851157_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

370480341_794866269305296_2192918572434549357_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

367723846_785792440212679_8171750074871338235_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_6014

 

 

 

 

 

 

 

 

 

400642019_845207744271148_3117775898053168926_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

IMG_623844

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

371784177_798091852316071_1836341879661935187_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

371512756_799220115536578_8343761567435552002_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「茶の間リビングの家」

11月30日 18:01 未分類

ogura
ogura

設計管理の小倉です。

「茶の間リビングの家」

足場が外れ、珪藻土工事も終わり、内部がかなり仕上がってきました。並行して外構工事も進んでおります。

道路とはウッドフェンスで圧迫感がないよう柔らかく仕切っています。水平ラインも強調されてきれいです。

398276660_7315274938506779_1329233255722237061_n

深い軒のかかった玄関ポーチ。

405336097_2693747314122450_292744446996316435_n

369505979_1623754668157151_7435623892222158515_n

 

傘を畳んだり、濡れたものを一時干ししたり雨の日の利便性はもちろんですが、奥まった玄関は空けたらすぐ外ではなく気持ちの切り替えの空間にもなります。

玄関に造作でつくっていただいたカギ置き。

398290512_898682858560177_4191368499468130938_n

木製の大開口を設けたリビング。吹き抜けからの日差しもばっちり入ってきます。

2階のスタディースペース。吹き抜けの腰壁が効いており、明るさを確保しつつプライバシーも保てます。趣味やこどもの遊び場としても多目的に使えそうです。

405429826_176529012206088_1076791192664745081_n

405357410_781796097039576_394576241133279709_n

 

また先日、最後の施主打ち合わせがありました。お問い合わせを頂いたのが2年前と聞いて驚きです。。

設計の古川さんを中心にほぼ毎月打ち合わせを重ねてきました。

完成まであと少しですが、気を引き締めて頑張ってまいります。

405319693_1030365921511176_7860288826331352677_n

新たな計画が進行中・・

11月4日 17:19 未分類

haga
haga

こんにちは、設計・現場管理の芳賀です。

長らくお待ちいただいているお客様の設計がいよいよ大詰めです。

鎌倉の細い路地を抜けた先に緑に囲まれた敷地。

お施主様の終の棲家、では終わらずお子さまや新たなオーナーへも住み継げるように工夫をしました。

年明け着工を目指して進めていきます!

364253167_293917976643611_1892896728687205573_n

イメージ模型はこんな感じ。

デザイン性機能性や性能も重視した住宅になっています。

6地域 UA値0.25 G3相当

今回私自身初めて触るのが「Q1.0住宅 QPEX」

マニュアル片手に入力していきます。

368815287_604632378362880_7065082755184527673_n

冷暖房の使い方を話ながらお客様との目標値も見えてきて

目指すところはあと少しです!!