| Subcribe via RSS

さんかく屋根のある家

9月3日 15:21 未分類

akimoto
akimoto

大工の秋元です。

 

こちらの現場では様々な種類の木材を使っています。

寝室の床にはチーク。脱衣室の床はヒノキ。その他の床は杉。

床材の張り分けは引戸の芯で張り分けています。

 

D2FD9B52-B6FC-4BC1-97FB-62FED7FFB8B9

 

 

 

 

 

勾配天井には杉板を張っています。

 

91C8D60A-7824-4D02-9EB8-4F7AEA49736F

 

 

 

 

 

ウォークインクローゼの壁には杉板を。

EB670CF9-A332-4DE3-A6A9-EEAD2386685C

 

 

 

 

 

パントリーの壁にも杉板です。

C272C4B5-3D53-44C3-8376-12C88172C4C5

 

 

 

 

 

リビングの天井はヒノキ。とてもきれいです。

 

D49E1053-EC40-4B23-AC87-B7C30AA36CC9

 

 

 

 

 

キッチンカウンターにはキハダの一枚板。

真っ直ぐではない耳付きの板なので取り付ける位置に悩みました。

 

88559E47-A1AC-4DFA-A489-4F4DBFC05230

 

 

 

 

 

そのカウンターの下には栂の板を張りました。

606713E8-76F7-47FE-888E-9FE3E14BB36B

 

 

 

 

 

枠はタモを使っています。

様々な無垢材を触れて気持ちよく作業させてもらっています。

無垢材はいいなと改めて感じています。

 

外構工事が進んでいます

9月3日 7:33 未分類

石谷 真介
Ishitani

こんにちは
現場管理の石谷です。

現場も終盤になると外構工事が始まります。

その様子をご紹介します。

301964216_882165686091314_3828873821822314879_n

こちらは【続きのある家】の駐車場コンクリート。

コンクリートの洗出しです。

洗出しはいつも洗い終わるまでちょっとドキドキします・・・

が、外構やさんが上手く作業してくれました。

夏場はコンクリートが乾くのが早いので洗出しのタイミングは外構屋さんの経験と勘が頼りです!

 

302494044_779015456657901_3802826002972538668_n

こちらも【続きのある家】から

玄関のタイル工事中です。

タイルは割付けがまずは大事!

図面で割付けしていますが現地でタイルやさんと細かな張り出し位置など打合せします。

いつもどおりに丁寧な作業をしてくれています!

 

304764534_2179042772267486_8790949368991881205_n 301593975_1749093618770299_5050219203739589623_n 301502913_1043762142838855_3516155256966869172_n

Mアトリエ岡村さんのお仕事です。

玄関には大谷石を張っています。

同じタイルやさんがやっぱり丁寧に作業してくれて仕上りバッチリでした!

 

301885895_3257837347768319_7853780907942874300_n

同じ現場で駐車場のコンクリート洗出しと階段の踏み面の洗出し。

階段はちょっと難しいところもあり、少し補修も出ましたが上手くいったかな。

 

301932379_416120443748637_5650224763060613297_n 301991643_514335627069675_3214460845380413867_n 302145393_477529320608801_305471936542233287_n 302101135_832842254373428_6876510034973555658_n

引き続きの同じ現場で。

大工さんが頑張ってくれました。

ウッドデッキに木塀、加藤棟梁のこの現場最後の力作スイング扉!

こちらの現場はお引渡しが済みましたが【続きのある家】はまだ外構工事がこれから見どころです!

 

「さんかく屋根のある家」

7月6日 22:51 未分類

akimoto
akimoto

大工の秋元です。

 

こちらの現場の床は、チーク、杉、ヒノキの3種類の床板を張ります。

寝室にはチークを、洗面室、トイレにはヒノキを、書斎やリビングには杉を張ります。

建具の芯で張り分けるのがポイントにはります。

8A43E721-1CA4-406F-9E49-AD0490677B0A

 

 

 

 

 

乱尺チークです。硬いのでキズが付きにくく施工しやすい床板です。

そのままでもキレイですが、オイルを塗るとガラッと変わります。

83014AE3-2985-41A3-B28E-FD333EED3A64

 

 

 

 

 

4メートルの杉板です。キレイです。杉はやわらかいのでキズが付きやすいため気をつけながら施工していきます。床板を張ってない所には畳がきます。楽しみです。

朝現場に入るとふわっと杉の香りがして気持ちがいいです。

 

 

 

 

 

新築現場着工です

6月1日 6:13 未分類

石谷 真介
Ishitani

現場管理の石谷です。

新しい新築現場が着工しました。

基礎工事が始まる時、新たに気合スイッチが入ります!

頑張ります!

284460551_724221495564828_770146113221191887_n

 

284280157_581448050076292_5073463925345495572_n

 

基礎完成して先行配管工事です。

外壁から降りてくる配管位置や室外機を置く位置など確認しながら埋設の配管の桝の位置など水道屋さんとあれこれ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

284420280_540856097711124_3655944820100751467_n

 

 

284337243_1743367672699831_6729431016123378186_n

 

284178534_4895640040565514_1321861219050214602_n

 

ここからは大工の出番です。

土台敷きをして週末上棟です!

 

「さんかく屋根のある家」

5月6日 15:21 未分類

akimoto
akimoto

 

大工の秋元です。

 

天気に恵まれて無事に上棟しました。

8寸勾配ということもあり立っての作業は困難でした。

 

9525EC23-E892-44D6-8470-ACEDB932E7B1

 

 

 

 

 

 

8B6E35AA-5980-46FF-A04E-80AF7AAB8BDE

 

 

 

 

 

野地板のジョイントには気密性を高めるため気密テープを。

作業できるように横桟を打ち足場にしましたが油断は禁物です。

A0D3A7CC-A30C-4884-867A-AC305E897280

 

 

 

 

 

さらにその上に垂木を取り付けいきます。

この垂木の間が通気層になります。

 

24980186-B2C2-4039-9552-06B24030CC9A

 

 

 

 

 

安全を考慮して屋根足場を組んでもらいました。

野地、ルーフィングを施工していきます。

 

D072B6E6-BA5F-4CE5-B2C3-D4AF83098D8C

 

 

 

 

 

構造用面材にはノボパンを使用しています。

面材のジョイントには気密パッキンを貼り、面材を打ち付けて、

気密性を高めていきます。

BAF7D0CE-7D11-4D31-9EB3-4C908709BC07

 

 

 

 

 

面材を張る時には耐力壁の壁倍率によって釘の種類や長さ、

ピッチが異なるのでしっかりと確認しておきたいポイントです。

外部作業は常にお天気と相談しながら行なっています。

面材を雨に濡らさずに張り終えて一安心です。

 

 

 

 

一年点検に伺いました

4月2日 9:15 未分類

石谷 真介
Ishitani

現場管理の石谷です。

お引渡しした建物の一年点検にお伺いしました。

リオタデザイン関本さん設計のお仕事をさせていただいた建物です。

一年は早いもので当時、設計図を見て内容の濃密さに目を血走らせて図面とにらめっこしていたのが今でも鮮明に思いだせます。

それでもひとたび工事が始まれば細部まで考えられた内容を現場に細かに伝えてくれる図面の正確さが工事を助けてくれたことも同時に思いだします。

そんなことで印象深く、関本さんから新しい刺激と学びをもらった工事でした。

さて、一年点検です。

弊社の一年点検は必ず担当した大工(棟梁ですね)が伺うことことになっています。

なにせ一番長く深く現場に携わり、建物の見ていない所、関わっていない所は無いと言ってもいいほどその建物を熟知しているのが中山建設の棟梁です。

大工工事が終わったらいなくなってしまうのではなく、お引渡しまでのほぼ最後まで携わって家具や建具、ウッドデッキ、ウッドフェンス、最終の清掃チェックまで

棟梁の目で確認された建物をお引渡しさせていただいているからこそ点検もどこを注視するか把握できているのです。

なので大工の加藤と点検です。

 

 

277471388_5243084835710807_1836854527124036826_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

加藤、浴室確認してます。

洗い場と浴槽がTOTOハーフユニットバス、腰から上の壁天井、入口の枠建具が桧造作で納めていますのでそこもチェック。

お客さまが普段から丁寧に使用されているのがよくわかります。

とってもきれいです。

 

 

277543079_356121292946523_154421734443622565_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

277541336_777236080349438_1743862879153075828_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

点検で変化がもっともでてくるのが木部の収縮ですね。

木がやせるってやつです。

これは必ずでてくるので仕上げ材に木が動いた分の隙間がでてきますのでここを処理。

あちこちあちこち。

 

 

 

277477214_4862527527190042_7221325541575449368_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【調整前】

277594914_505448804532053_6473447893727481141_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【調整後】

 

これも必ずと言っていいほど調整がでます。

建具の調整です。

開閉という動きの大きな負担のかかる建具は調整の繰り返しです。

ぴったり調整できました。

 

 

277543090_391432712504117_3962593739465098006_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気になっていたのが玄関建具。

苦労して製作したピーラーの造作ドア、どうなってるかな。

多少の反りが出ていましたが使用には問題ないとのこと。

気密も取れていました。

今よりまた変化して不具合でましたらお気軽にお声掛けください。

 

 

 

 

277542220_304371658498567_5591238887862035797_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

277469780_681685539919823_5423633801046685453_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

吹抜けのエアコン、高い所に設置されているのでこの機会に清掃です。

フィルターも外して掃除、エアコンはホコリがどうしても溜まるので。

 

 

277594251_789920849063203_1058960801343561809_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

もちろん床下も点検です。

充電式の掃除機で清掃しながら全周まわります。

奥に見える断熱材をテープで止めている箇所は浴室下の点検口です。

床断熱の基礎パッキン工法でしたので床下の外気が浴室空間から建物内に入っていかないように断熱材で蓋をして

こういった点検時のためにテープを外して目視点検できるようになっています。

問題なし、良好な状態でした。

 

275774483_374228114567521_2316723665964816552_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

277022400_1120931052083171_3836807811907421705_n

 

 

 

 

 

 

 

 

277413348_340335081450495_4371113241676067341_n

 

 

 

 

 

 

 

 

277457271_670422010850656_3199960235027717843_n

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

外まわりの点検。

梯子をかけて屋根の上も。

建物は雨が大敵。

雨漏りの要素がでてないか確認します。

基礎まわりもシロアリが上がっていたりしないか、外壁に割れなどの不具合がでていないか点検します。

良好です。

 

お客さまに不具合箇所がないかなどお話しを伺って各箇所確認もしました。

特に不具合を感じているところなどなく施工をしっかりしていただいたおかげで快適ですと嬉しい言葉をいただだきました。

とにかく1年生活されているのに全てがきれいに丁寧に住まわれているのが手にとるように感じられる点検となりました。

こうして過ごしていただけるのを見ると、やっぱりこの先の建物もしっかりつくっていく意欲が湧き、高い目標になりますね。

 

お引渡しをしてからが点検メンテナンスと、長いお付き合いになります。

今後ともどうぞよろしくお願いいたします。