| Subcribe via RSS

ルーフバルコニーの木製手すり

ルーフバルコニーの木製の手すりが腐食してしまったので交換のご依頼をいただきました。

既存の手すりが雨により腐食してしまったのですがやっぱり木がお好きというこで腐食しにくい材料でご提案させていただきました。
材料はイタウバ。
バルコニーの手すりなので外の過酷な環境で痛みやすいので丈夫で長持ちする材料を選びました。
ハードウッドと呼ばれるブラジル原産の材料で強い耐久性があります。
手触りもほかのハードウッドに比べてなめらかでささくれがおきにくくウッドデッキや手すりに適していると言えます。

事前の調査で設置方法を決めておきます。
今回は戸建ての2階部分の手すりなので足場の設置をしましたが
これから長く使っていただく間にメンテナンスや部分的な交換等の必要が出た際に足場設置をしなくてもいいように取り付け方法も考えました。

バルコニー内から作業が行えるように支柱の中央に溝を掘って手すりのフェンス部分を差込みバルコニー側から固定します。
これで何かあった際にもバルコニー側から作業ができるので足場設置の費用もかからず安心かつ見た目もかっこよいできばえです。
60449782_2184397581647222_3549469129280847872_n60536401_359860778209271_2725071236513136640_n
支柱の取り付けに必要な金物もステンレス製でオリジナル製作しました。
こちらの住宅はツーバイフォー住宅ということでしたので金物の取り付けビスの位置も下地から外れないように製作しています。
その住宅にあった見えない下地の位置なども考慮していないと強度にかかわるのでとても大事です。
バルコニーの笠木部分は雨漏りの多い箇所なので水が入らないように取り付けのビス穴と金物の設置部分にもシーリング処理をしっかりしています。
支柱の金物製作でもうひとつ気を使っているのは支柱の足元が金物に隠れて様子がわからなくなると腐食などが進んでいることや笠木との設置面に問題が起きていても視認できなく早期の対策ができなくなってしまうので3面だけ囲った形で製作しています。
60921949_2253789014939662_7577573554376409088_n61057956_601102450394616_7342111601689886720_n60976045_2226631134085294_4776856940074500096_n

60693018_396371507636162_3168273026366046208_n

 

施工の全体で気をつけていることは雨水を木部にとどめないようにすること。
水が流れやすくするために隙間をあける。
支柱の頭の部分は木口と呼ばれ水を吸いやすいのでここに水が流れにくいようにする。
支柱の脚の部分も同じく設置面から浮かせる。
など長く楽しく使っていただくために工夫しながら製作しています。
60639490_339193096740665_9144468368026238976_n60660424_623135108200232_203778545879613440_n

お客様にも大変喜んでいただけて私たちも楽しい仕事でした。
60483289_426617574831041_8917126149797052416_n60351026_669982650117686_872030712167923712_n

 

 

 

フリーリビングと土間のある家

5月14日 19:49 未分類

akimoto
akimoto

大工の秋元です。

 

フリーリビングと土間のある家が完成しました。

 

DE2E43E5-37BC-4387-B984-A13F78E688CA

D70DB0E4-AF31-4873-9F43-80BF1D386263

 

 

 

 

 

土間スペースの壁にはレッドシダーの板を貼りました。

黒いポールはお客様の趣味の自転車を掛けるためのポールです。

天井には格子を取り付けました。

44AE0FD0-58EE-4F94-B576-B21CD6E92072DD3A9D9F-A5CE-40A6-9F44-7323ECC81B22AFD949A4-83D3-486E-B7B4-A900B1B470C0

 

 

 

 

 

掃き出し窓の内側に4本引戸が走ります。

目隠しがわりにもなります。

7527A123-F19C-4BD6-B66E-48987360F74D

5F33603A-3234-4870-88A0-D40370A98A97

 

 

 

 

 

造り付けキッチンです。

 

AD75F23D-68E6-47FF-B5C9-8A42677CF267

 

 

 

 

 

テレビ台です。ルーバーの裏にデッキなどを置いて操作できるようにしてあります。

622B0B63-5B8B-481D-AF51-A14CBFC14D39

 

 

 

 

 

テレビ台の後ろはスタディーコーナーです。

2B92525B-F778-445D-BDF8-813B134DC6FA

 

 

 

 

 

廊下です。右にみえるのが本棚になり裏には収納スペースになっています。

この家具で廊下と部屋を仕切っています。将来的にこの家具を取り外し、

広々と使うことも可能です。

 

とてもやりがいがあり、楽しい現場でした。

以上フリーリビングと土間のある家からでした。

 

 

フリーリビングと土間のあるいえ

5月12日 21:48 未分類

akimoto
akimoto

新築基礎工事進行中

新築基礎工事が進んでいます。

56290944_2058596024259985_4757073861147623424_n (1)根切
地盤改良したのちいよいよ基礎工事スタートです。
基礎工事の最初のポイントは位置と高さです。
基準になる箇所からしっかりと図面と照らし合わせて基礎工事の最初の工程、根切工事が進んでいます。

55759943_259775571639253_8832593131758157824_n (1)防湿シートを敷き詰めて捨てコン打設
防蟻性能も兼ねた防湿シート、ターミダンシートはシロアリの侵入を基礎下からシャットアウトします。
施工要領にしたがって丁寧に作業することで性能を確保することができます。

 

 

 

57012522_2322350094689074_7692901187279912960_n

鉄筋組み
基礎コンクリートの強度にかかわる大事な工程です。
複雑な鉄筋をしっかりム見上げてこそ丈夫な基礎ができるのです。

 

57467873_586660775154915_4495989963229233152_n

 

鉄筋検査
検査機関による厳しいチェックを受けて
お客様が安心して住める家が出来上がっていきます。
指摘事項もなくスムーズに検査完了です。

 

 

 

57561087_401735130606350_7044054202925973504_n

耐圧コンクリート・止水材
家を支えるいわゆるベタ基礎です。
この上に基礎の立上りができていきます。
耐圧面と立上り面のコンクリートの打ち継ぎ箇所から雨水が基礎内部に侵入しないように止水材を施工します。
打ち継ぎ箇所から水が浸入するとこの止水材クニシールが水に触れた箇所が膨張してそこから先への水の侵入を防ぐのです。

 

57408108_429829717821886_1948390202770718720_n

立上り枠設置・アンカーボルトチェック
耐圧面の上に基礎立上りの枠組みをしていきます。
基礎と土台を緊結するアンカーボルトのチェックもします。
構造図面をもとに基礎やさんが設置したアンカーボルトを管理担当者2名でダブルチェック。
位置、高さなどシビアに確認します。
しっかり施工されていて安心でした。
コンクリート打設が終われば基礎は9割完成です。
養生期間をおいて枠の撤去を待ちます。

 

 

 

フリーリビングと土間のある家

4月12日 19:02 未分類

akimoto
akimoto

 

大工の秋元です。

今回は杉の床板を貼ります。柔らかくキズがつきやすく、
真下には床暖があるので慎重に作業を進めていきます。

AE7EA4AD-B033-49A0-90CB-F6F2D7995428

 

 

 

 

 

杉のいい香りがして気持ちいいです。

 

壁の下地をたてて枠を取り付けます。

D44AFD10-8770-4EC5-9DB4-33B171180A09

 

 

 

 

 

 

一部天井には杉板を貼り壁にはレッドシダーを貼ります。

加藤大工が応援にきてくれてます。とても頼もしいです。

DD4D7BCB-031B-4E3A-8001-A6ECD33D039AB2596304-E387-49F6-960E-5E4E78F2C82D

 

 

 

 

 

家具やキッチンを取り付けていきます。

EA2771C7-5220-4C1C-AC4B-EA99EFA3EC00

911F9C9C-8DF6-4086-9835-DEBDF7A2FB94

 

 

 

 

完成までもうすこしです。

バルコニーの物干し金物製作

バルコニーの物干しざおをオリジナルで製作しました。

お客様と高さや長さ、仕上がりのイメージや配置などをじっくり相談しての製作です。

採寸はいつも緊張します、下地の位置やその他の絡みなどよく見ておかないと取付に支障が出てしまうので注意深く採寸します。

採寸した情報をもとにこれまた慎重に採寸した情報と何度も見比べながら図面を書きます。

屋外で使用するスチール製品なので強い防錆性能の溶融亜鉛メッキ仕上げで製作です。

出来上がってたら製品チェックです。

54258215_401101933781235_8224821397851996160_n

 

図面どおりにしっかり出来上がってきていて仕上がりもいつもどおりきれいな仕上がりです。

取付の際にはお客様と位置確認などを再度して施工します。

 

53897040_1020875041433696_6442609857789952_n

 

打合せどうりに問題等なく取付できました。

物干し竿の端にある突起はお客様のアイデアで洗濯物の落下防止で付けました。

これは使い勝手もよさそうです。

強度も十分、溶融亜鉛メッキ処理で長く安心して使っていただける物ができました。