| Subcribe via RSS

バルコニーの物干し金物製作

バルコニーの物干しざおをオリジナルで製作しました。

お客様と高さや長さ、仕上がりのイメージや配置などをじっくり相談しての製作です。

採寸はいつも緊張します、下地の位置やその他の絡みなどよく見ておかないと取付に支障が出てしまうので注意深く採寸します。

採寸した情報をもとにこれまた慎重に採寸した情報と何度も見比べながら図面を書きます。

屋外で使用するスチール製品なので強い防錆性能の溶融亜鉛メッキ仕上げで製作です。

出来上がってたら製品チェックです。

54258215_401101933781235_8224821397851996160_n

 

図面どおりにしっかり出来上がってきていて仕上がりもいつもどおりきれいな仕上がりです。

取付の際にはお客様と位置確認などを再度して施工します。

 

53897040_1020875041433696_6442609857789952_n

 

打合せどうりに問題等なく取付できました。

物干し竿の端にある突起はお客様のアイデアで洗濯物の落下防止で付けました。

これは使い勝手もよさそうです。

強度も十分、溶融亜鉛メッキ処理で長く安心して使っていただける物ができました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フリーリビングと土間のある家

3月12日 22:22 未分類

akimoto
akimoto

大工の秋元です。

 

床暖工事です。ピンポイントの位置に配管して置床を並べていきます。

IMG_6433IMG_6439

 

                                                                                                                                                                                                                                                         

 

 

捨て貼りして床暖パネルを設置して配管に水圧をかけて、

異常がないか確認して工事完了です。

IMG_6461IMG_6456

 

 

 

 

 

 

後は、床を貼るときに配管にくぎを打たないように気を付けます。

                                      

杜Cafe.Bの家具カウンターにはベルギー生まれのモールテックスが使われています。
様々な素材に対応して塗ることができ追従性、防水性があり強度もある左官材料なのでカウンターにも適しています。
家具カウンターに白いモールテックス。
どんな風になるのか楽しみです。

 

51251552_371896326722341_1583314456442568704_n

 

 

 

52115625_2293475104010172_1073440218511572992_n

 

いつもの無垢の木のカウンターとは違う表情になってきました。

51555028_2324122247825142_8206496460322111488_n

 

 

 

 
それにしても強度があって仕上げにペーパーサンダーで磨くのも一日がかり。
大変だ・・・

51710758_284743722203965_52412688503930880_n

最後は汚れ防止のオイルを塗って仕上がり。
仕上がりツルッツル。

52520500_347799759278091_979925844036157440_n (1)

 

モールテックスのカウンター家具すごくいい雰囲気になってます。

左官やさんの手仕事の雰囲気ってやっぱりいいですね。

 

フリーリビングと土間のある家

2月15日 22:09 未分類

akimoto
akimoto

大工の秋元です。

 

外周部の下地工事が終わりいよいよ、

発砲ウレタン工事です。

IMG_6400

 

のんびりと眺めてるひまはないのですが、別の職業の

仕事をみるのは楽しいです。

IMG_6422

指定通りの厚みに吹くのはまさに職人技です。

上下の折り返しもしっかりと吹きました。

暖かいです。

役割分担

2月6日 7:42 未分類

石谷 真介
Ishitani

ブログで最近紹介させていただいている「杜cafe.B」の工事。
大工工事を担当しています。
今回の工事にあたってはいつもお世話になっているアトリエパパス一級建築士事務所の工藤設計士が設計を担当してくれています。

IMG_2301

限られた空間の中に必要な機能を盛り込んで行くとまとめるのは大変難しくなります。
厨房機器が納まりつつ機能的でもちろん意匠性もあるために考えつくされた空間に
厨房機器と大工の造作仕事、こちらも工藤設計士が考えつくした自社工場で製作する家具までミリ単位で設計されています。

図面でせっかくすべてがしっかりと納まるように考えられているのに間違えがあっては台無しです。
図面と相違が無いように慎重に仕切りの壁を作る位置から家具の取付位置まで確認しながら作業を進めて行きます。

自社工場で家具製作担当の五味が製作した家具を現場に搬入し設置。

LRG_DSC08392

IMG_4325

位置だしをしておいた場所にほぼ1ミリの狂いなく設置。
現場では単純に寸法だけ追っても直角や水平垂直などいろんな要素が絡んでくるので寸法どうりにするのは簡単ではないのです。

家具の製作精度が信頼できるから自分も現場で安心して作業を進められるんだと実感。
考えられた設計を実現するために現場の大工と工場の家具職人が密に連携をとれる中山建設の強みかなと自画自賛。
工事はいよいよ最終段階です。

IMG_4425

IMG_4427

IMG_4421

IMG_4423


工事には他にもたくさんの職人さんが関わってきます。
そんなところもまた紹介できたらと思います。

IMG_4422

フリーリビングと土間のある家

1月29日 20:34 未分類

akimoto
akimoto

大工の秋元です。

今年から新しい現場がはじまりました。

IMG_6367[1]

マンションのスケルトンリノベーションです。

フルスケルトンは担当したことがないかもしれません。

色々と学びながら作業を進めていきたいと思います。

はじめに外周部の下地を進めていきます。

発泡ウレタンの工事の日が決まっているので、

それまでには終わらせます。