| Subcribe via RSS

成瀬台の家

1月10日 6:50 未分類

akimoto
akimoto

大工の秋元です。

あけましておめでとうございます。

長い休みをいただきリフレッシュできました。

今年の目標は平常心を保ちいい仕事ができる様に取組みたいと思います。

今年も宜しくお願いします。

 

仕事始めは成瀬台の家からスタートです。

気を引き締めて参ります。

0C06B21A-E0C7-476F-BE36-47B5B22F7B4F

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「永く住まう平屋」

11月6日 20:12 未分類

akimoto
akimoto

大工の秋元です。

 

今年も残すところあと2ヶ月となり現場は年内引渡し目指してバタバタしています。

 

今回の家具の箱はシナランバーで、天板はタモを使用してます。

家具の取り付け完了して面材や棚を待つばかりです。

 

 

8C3A458C-3480-4560-B2E5-65B4B03F8985

 

 

 

 

 

 

C969C201-EFB7-4DFC-943F-0A330C3203E4

 

 

 

 

 

 

 

玄関には靴箱とベンチがあります。

高さが丁度よく座り心地がいいです。

 

 

 

44CFED31-CDEB-443F-AA2D-664C0B222C62

 

 

 

 

 

 

 

トイレです。この収納が有るのと無いのでは雰囲気も使い勝手もだいぶ違いますね。

 

 

7CA112C7-0E70-48ED-8A48-3D7DE59C96F2

 

 

 

 

 

 

 

リビングにはテレビ台があります。このテレビ台には床下エアコンを設置するスペースを設けています。

 

 

B7C56086-3E5E-43DB-89EF-83A128A78DF5

 

 

 

 

 

 

 

アイランドキッチンの背壁にはたっぷり収納できる家具があります。

ダストボックス置き場も設置してあったり、1段下がったワークデスクもあったりとお施主様の為に考えられた造りとなっています。

 

 

F5548AF3-A8A9-4219-B51A-0E49D6F57674

 

 

 

 

 

 

 

来週からウッドデッキとウッドフェンスの工事になります。

完成が楽しみです。

 

永く住まう平屋

9月6日 21:51 未分類

akimoto
akimoto

大工の秋元です。

7月に入り永く住まう平屋がスタートしました。

まずは土台敷きです。

この作業は大工工事一発目で最も大事な作業のひとつで失敗は許されません。

現場には程よい緊張感が漂っています。

 

10A2F96D-4AC7-46AA-8B58-3E6678D06A56

 

 

 

 

 

 

土台の裏にアンカーボルトの墨を出して穴あけて土台を据えていきます。

空調服をビシッと着こなす田代大工がガンガン土台を据えていきます。

 

 

 

758C66A0-55A4-43BB-A51B-9097FE7D6AFA

 

 

 

 

 

 

 

無事作業を終えて土台に養生をして建て方に備えます。

 

 

 

37F998BA-8490-49C5-A829-146A78C7671E

 

 

 

 

 

 

 

建て方の日の気温は36度あり熱中症になってしまいましたが、

仲間に支えられて上棟することができました。

 

 

14F666A4-6142-421F-945B-4013D41C8EBC

 

 

 

 

 

 

D568B25F-2FEF-4F10-8CAC-C422F2645325

 

 

 

 

 

 

野地を張りライナールーフの施工が終わりました。

 

 

 

71BC0903-47D3-4A62-BE9A-FB81047DC04E

 

 

 

 

 

 

 

イースト通気シートで通気させます。屋根工事はここまで大工がやります。

次に板金屋さんにバトンタッチです。

 

 

 

702C9D09-2C2E-4919-82C3-C2CAE47B058D

 

 

 

 

 

 

 

アッという間に終わります。

きれいで早いです。

 

 

1E69A289-A63E-4069-B191-EFF9FDF35712

 

 

 

 

 

 

外壁には胴縁を打っていきます。空気を止めない様に施工していき

下から上へと通気させます。

外壁はここまで大工がやり、ラス屋さんがラス網を張っていきます。

 

 

 

 

 

7202447D-9214-4243-AB1F-90605D0520A4

 

 

 

 

 

 

胴縁の上にラス網を張っていきます。

次は左官屋さんがモルタルを塗っていきます。

 

 

 

D3C055C2-BD4C-4C19-98D0-F5A75794F9D2

 

 

 

 

 

 

内部では屋根断熱工事の為の下地をしています。

脚立を一段上がるごとに気温が2℃位高くなっているかの様で、

1番高い所は危険な暑さになっていました。

 

 

 

 

C4BD2315-6ED9-4662-A2EE-076911284BAF

 

 

 

 

 

 

 

断熱工事を終え全然気温が違うのに驚きます。

 

断熱材は大事ですね。

9B9447F8-BC58-4FA7-AF32-E7D70CFA70BA

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2つの寄棟からなる平屋

7月6日 22:14 未分類

akimoto
akimoto

大工の秋元です。

2つの寄棟からなる平屋が完成しました。

決して1人では辿り着けませんでしたが仲間に支えられてここまでくることができました。

中山建設が一丸となり建てたお家となりました。

4D8BA5C6-A060-4B1E-88FF-8646D469D3F7

 

 

 

 

 

 

 

土間スペースには暖炉があり存在感があります。

 

 

421CA8D9-1950-4CBC-8145-459A45B7DDA0

 

 

 

 

 

 

真鍮の遮熱板もいい感じです。

 

 

B83AA062-460B-4E3F-BA1C-FB935FC1EF47

 

 

 

 

 

 

 

ソファーもいい感じに納まっています。

 

 

5DA34ECF-BC88-4B56-B622-7CC8F64E30B5

 

 

 

 

 

 

チェリーのダイニングテーブルにシンクを埋め込んでいるキッチンは素敵すぎます。

富士山を望むキッチンは最高です。

 

 

6CEE4C23-ED2C-4855-B616-78973A60ACDE

 

 

 

 

 

 

 

 

無事お引き渡しできてホッとしています。

この様な建物は滅多にできないのでいい経験ができました。この経験を次に活かしていきたいと思います。

2つの寄棟からなる平屋

5月6日 20:59 未分類

akimoto
akimoto

大工の秋元です。

 

5月に入り引き渡しまで残り数週間、追い込みに入りました。

養生がはがれて床が現れました。

なぐり加工してある杉板です。

サイズは36×910×1820でかなり重く、一枚張るのに一苦労です。

敷居の溝は直に床板に突きます。失敗出来ないこの作業、位置など確認の連続です。

ようやく突いた溝に真鍮のフラットバーを入れます。

これが敷居滑りになります。

建具を吊り込むのが楽しみです。

CE09E283-84A6-4973-909E-8A8F7F8E5D88

 

 

 

 

 

 

床の柿渋塗装はお客様のDIYです。

 

7B1E242D-69D3-4145-B07A-E8DA79CA1709

 

 

 

 

 

 

天井はラワン合板です。

505EEE11-2955-4EFB-A914-38833B836D70

 

 

 

 

 

 

 

 

6C8C821F-1BBE-4FD1-90E6-65725CC9D0EE

 

 

 

 

 

 

 

6D5F0DE3-EA41-4855-813A-A079176D7D03

 

 

 

 

 

 

家具も付いてきました。

 

気合いを入れ直してラストスパートです。

3月6日 21:08 未分類

akimoto
akimoto

大工の秋元です。

 

T様邸の外部の仕上げはほぼ木仕上げです。

 

ガレージの天井と軒天は杉板です。張る前に塗装屋さんに柿渋を塗ってもらってます。

3E12499F-C044-4378-B16D-8798E13211E6

 

 

 

 

 

 

隅木と垂木があらわしの所は垂木彫りをしています。

4F8581E2-ACC7-4DBA-9C06-008935A0E36A

 

 

 

 

 

 

BBA2DC0E-D15D-4EDC-9DDB-A8F79CA37C15

 

 

 

 

 

 

ガレージの天井です。

軒天を張り終えて次は鼻隠しを取り付けます。

ここの屋根工事で最も難しい作業のひとつです。

いい感じに納まりよかったです。

EA060BA5-4218-4F62-B844-735D74F7309A

 

 

 

 

 

 

474973D0-3DAB-473F-8E69-EAF047E426AE

 

 

 

 

 

 

屋根がひと段落し次に壁板張り開始です。

 

02E77757-CC9C-4162-934C-DD4EC9957824