| Subcribe via RSS

社内研修にマクスさんへ

12月15日 22:44 未分類

Nakayama
Nakayama

今月初旬

横浜を離れ社員大工6人と共に

静岡の工務店マクスさんへ社内研修に向かいました。

湯布珪藻土販売代理店ワンダーウォール井筒さんのお声掛けにより実現いたしました。

一般的に大工さんは

18才~25歳ぐらいまでは見習い・新米。

25才~35才が中堅

35才~60才ぐらいまでくらいが知識、技術ともに一番働ける時期になるとおもいます。

高い所に登ったり、細かな作業をしたり、危険な道具を使ったりと

大工という職業に携わっている方々は難なくこなしていますが

本当に大変です。

知識は年を重ねる毎に知識は増していくのですが

やはり体力的には落ちて行ってしまう。

大工さんが長く働ける環境をつくるには役割として若手への指導。

現場では腕を振るいつつ、若手の大工に体力面を補ってもらう組合わせが一番しっくりきます。

ベテランの大工さんが一人現場にいると

現場の落ち着きが違うのです。

社員大工として考える事。

仲間に、お客様に何が出来るのか。

そんなことを肌で感じてもらいたく、マクスさんへ向かいました。

当日は年押し迫るお忙しい中、鈴木社長自らご案内して下さいました。

有難うございます!

20171204_092904

鈴木社長の御挨拶。

どんなことでもいいから気になった事はなんでも聞いてくれ!

とありがたいお話を頂いております。

断熱材の納まり・換気・防水や全開口サッシの納まり等大工にとっては

他工務店の仕事をじっくり見る機会は少ない。

鈴木社長を捕まえては質問しておりました。

20171204_094847

20171204_093616

いきなり刺激たっぷりの現場でした。

・・・・・・・・・・・・

そこから土台を敷いている

マクス社員大工、丸山さんがいる現場へと場所を移しました。

富士さんがばっちり見える現場です!

20171204_103443

丸山さん・城内さんを交えて

ディスカッション。

丸山さんの社員大工として考えている事。

社員大工としての業務の話や、やりがい・葛藤。

沢山お聞きすることがでいました。

大工さんが営業もするマクスさん。

現場見学会でお客様対応の仕方まで寸劇で教えてくれました。

20171204_105541

そこからマクスさんのモデルハウスに。

街道沿いにナイスプロポーションの建物が。

20171204_125249

おーかっこいい!

20171204_125234

Q値1.0 集熱システム。

機能とデザインを兼ね備えたモデルハウスでした。

温暖地域で考える断熱レベルについてお話しできたことが勉強になりました。

ここでも大工たちは細かな納まりを真剣に確認していました。

20171204_133356

そこから

マクスさん社屋にてディスカッション。

鈴木社長が議長を務めてくださり

4社合同の発表会。

みなさん苦労している所はおなじ。

沢山の意見が飛び交いました。

この場の雰囲気をつくる鈴木社長。

半端ないです。。

20171204_152929

そして次の現場へ。

社員大工、宮崎さんが私たちを待っていてくださいました。

20171204_172334

井筒さんも合流してディスカッション。

珪藻土DIYが数時間前に完了した現場。

まだ壁の色が塗れ色です。

この現場は宮崎大工も珪藻土塗に参加していたそうです。

お客様とのコミュニケーションもマクス社員大工の大事な仕事。宮崎さんは

チームとして何をするべきか、常に考えておられるようでした。

宮崎さんからも社員大工のになった経緯などをお聞きすることが出来ました。

そして夜の会へ突入。

各々で意見交換。

めちゃくちゃ楽しかったです。

刺激をもらいました。

20171204_182726

マクスの皆様。鈴木社長。

有難うございました!

続・屋根工事

 

前回の話題にありました、屋根のお話。

投稿の期間が空いてる分、着々と工事は進んでいます!

『雨ニモ負ケズ』を心に掲げ作業してまいりました。屋根工事。

*話の分からなかった方は、前回の投稿へ。

 

垂木しかかかっていなかった大きな勾配屋根は、ベニヤを引き、上に乗っても視覚的に怖くなくなりました!

実は新事務所、屋根が二種類。

大きな片流れと隅木のある勾配屋根。

 

25359905_282378765619147_2111930850_n

今回は勾配屋根。

垂木の上にベニヤを張っていく状態。

25360699_282378748952482_553675523_n

ベニヤの張り終わり。

見てのとおり、足元が安定して視覚的恐怖がなくなりました。

これで終わりではなく、やはり雨を気にしなければなりません。

25393984_282378735619150_1810467748_n

ここで施工、ルーフィング。

ここまで来れば雨対策の養生が必要なくなります。

いわば、vs雨第一ラウンド 勝利。まだまだかかりますけど。。

そして前に話した職人の特権、上からの景色。

ここ最近の寒い時期に対して温かい屋根の上。

それに加えてこの景色。

自分の、現場にある楽しみの紹介でした。

 

クリスマス展

武蔵小杉にあるギャラリー&カフェ「ミルフィオリ」。

12/1よりクリスマス展が開催されています。

 

LRG_DSC07225

LRG_DSC07228

 

今年も私、「塩原直子(木の小物)」で展示&販売!

そんなわけで、お店に行ってまいりました。

 

LRG_DSC07605

LRG_DSC07576

 

LRG_DSC07573

LRG_DSC07563

 

11人の作家さん達が集まっての出展。

クリスマスを彩る素敵なオーナメントやプチギフト、すてきなアクセサリーなどがたくさん。

 

 

LRG_DSC07597

午後のおやつにパフェもいただいてきました!

 

私の作品、ブロックパズルもこちらでは子ども達にとっても人気の遊び道具。

使い込んでいい味出ています!これも必見!^^

LRG_DSC07582

 

 

帰る頃にはすっかり日が暮れてしまいました。

LRG_DSC07611 (1)

 

 

お食事もとっても美味しいので、ぜひゆっくり遊びにいらしてくださいね。

クリスマス展は12月25日まで開催しております。

 

 

 

 

Tags: , , , , , , , ,

マホガ二ー建具納品。

マホガ二ーの建具も完成し、第二弾を無事に納めることができました。

IMG_0496

デザインの考案と試作に苦労したので感慨深いものがあります。

IMG_0495

第三弾のオーバルのステンド入りの親子ドアにもご期待ください。

IMG_0502

 

 

 

さて、こちらは格子の加工です。

IMG_0457

格子は結構難しいのですが、細かい作業が苦にならない私は楽しくやらせていただきました。

IMG_0451

 

IMG_0453

 

IMG_0455

↑ この加工はかなりレアだと思いますが、

木ねじを使った最もシンプルな「引きどっこ」です。

引きどっこ金具の使えない細い部材などに適した仕口です。これをやるにはコツが居るので見ただけでは

できないと思います。

IMG_0456

このようにピッタリと吸い付くのです。

上手くいきました。

 

今月はまだまだ忙しい日々が続きそうです。

五味

二級建築士の大工2人と二羽のちゃぼ。

投稿:やまもとふみこ

 

先日、秋に行われた二級建築士試験の合格発表がありました。

中山建設からは、秋元大工と杉山大工の2人が見事合格!!

 

25035211_1830767060364006_60755230_o

 

新たに二人が二級建築士の資格を取ったことで、全社員(9名)のうち3人が二級建築士!(あともう一人は社長の中山)

修ちゃんも杉山くんも、毎日忙しい仕事の合間に本当に一生懸命勉強していたので本当に良かった良かった。。(T^T)

合格の記念に会社の前で二級建築士が2人揃ってガッツポーズ!本当におめでとうございます!

 

お話し変わりまして、ブログではお久しぶりの 二羽のちゃぼさん’ズ

24993634_1568024406609386_6403201568054023727_n

 

左が かりん(通称りんりん) 右がかえで(通称かえちゃん)

7月の終わりに入社した時には、まだあどけなかったりんりんもかえちゃんもすっかり大きくなりました。

 

24991387_1568024376609389_8364569217716344317_n

手前がりんりん 奥がかえちゃんです。貫禄出たわね~

24774908_1568024373276056_5357433777094836517_n

二羽とも元気に大きく育ってくれて、最近では卵も産む様になったんです。

 

24899711_1568027396609087_7432937618416164543_n

 

そんなこんなで、二級建築士が増えたりちゃぼが卵産む様になったりと日々いろいろな変化のある中山建設なので、またHPの写真も差し替えたいなと思いまして、今日はいつもお願いしているアドブレイン塚本さんに社員みんなの写真を撮って頂きました。

なんかびっくりするくらいカッコよく撮れてうちの大工さんエグザイルかと思っちゃいましたよ(笑)

 

24989386_830232780471269_1776436845_n

後は、大工達のお仕事を紹介するようなシーンも欲しくて、鉋を研いでいる2人とか。

 

24899164_830232807137933_538663367_n

風見鶏になりきってる二羽とか。

今日撮った写真を頂きましたらまたHP等差し替えて行きますのでお楽しみになさって下さい^^

 

 

今日のブログ、一番のネタは二級建築士合格の2人にしようと思ったんだけど、気が付いたらちゃぼの写真のが多かった。。。(笑)

 

 

 

 

 

 

 

 

屋久杉のフローリング

屋久島で地元林業・地元経済活性化を目指した活動の

視察会にお招きいただきました。

鹿児島を経由して「世界自然遺産」屋久島へ到着。

20171128_122349

屋久島の雄大な自然に触れるべく屋久島ランドへ。

あるく時間に合わせ、コースが決まっており

ご家族でも山歩きを安心して楽しめます。

一時間コースを選択して入山。

圧倒的なスケール。

木々の命が何層にも重なり神秘的な力を感じます。

20171128_155428

20171128_160035

樹齢1000年を超える木々の迫力はすごい。

20171128_161247

夜は地元の方々と交流会。

盛大なおもてなし。

20171128_183643

現在建設中の屋久島町庁。

全て地元杉で建設しています。

そして島の製材所が製材。

島の工務店が施工。

すごいです。

今まで大きな建築物は鹿児島の業者が受注して施工していた他の事。

「やっとここまで来た。」

島への情熱と達成するまでの苦労が分かる一言。

肌で気持ちを知ることが出来ました。

2日目

製材所を見学。

24879249_1829376373836408_1348540136_o

今は庁舎ように地杉(植樹して伐採された地域材)丸太をバンバン製材中との事ですが

たぶん私たちのために屋久杉を挽いてくれていました。

すごい木目です!!

24879282_1829376413836404_1230781740_o (2)

過酷な環境で育つため年輪のピッチは一㎜くらい。

そのため木目は屋久杉独特な緻密な表情を見せてくれます。

敷地には製材待ちの屋久杉がゴロゴロしています。

ほしいっす!

24879080_1829376733836372_754988980_o

丸太は地杉。庁舎用かしら?

確認はしていません。

24879258_1829376813836364_2146369524_o

お昼をいただいてから

庁舎の建設現場へ。

ヘルメットをかぶっていざ。

20171129_104743

20171129_104746

屋久島杉、特有のかおりが充満しています。

大黒柱的な中央に建つ杉柱。

ギリギリで揃える事が出来たとの事。

杉がシンボルになるデザインです。

梁せいが小さく感じたのですが、もしかしたら

大梁の取れにくい地元杉を使うために構造をきめたのかも。

予算的にも構造的にも楽になる集成材が使われていません!

興奮冷めやらぬまま加工場へ。

近年できた施設。

こちらでは現在庁舎に納めるフローリングの加工中。

新しい雇用が生まれています。

20171129_110851

20171129_111229

屋久島の皆様お忙しい中、ご案内頂き有難うございました。