| Subcribe via RSS

耐震等級3

7月13日 7:39 未分類

Nakayama
Nakayama

「大工工務店の会」第2クール

講師に山辺さんをお迎えして
お話を聞くのは最終回となりました。
最終回を迎え感じるのは
構造への関心、安全への関心を
大工・設計共に深めることになり
高い位置で意識共有することができました。
今ままでも安全には力を注いでいたのですが
物事には奥があり、さらに奥がある。
永遠の苦悩に足を踏み入れる形になりました。
「耐震等級3」は安全と決めつける絶対安全の指標ではなく
構造に余裕を持たせながらどのような特性をもった家を設計するのかが大事だと気づかされます。
山辺さんの言葉で深く突き刺さる言葉がありました。
雑談のようなしゃべり口調で強調することもなくさらりと発した言葉。。
「1/30」を覚悟しなさい。
大地震が来た時に受けるであろう家の変形角。
このダメージを受けた状態からさらに熊本地震のような2回目の揺れ。
人命を奪うことなく倒壊しない家をイメージしなくてなならない。
そんな言葉だと受け止めました。
止まることのない向上心と責任感をもって挑んでいきたいと思います。
62601030_2356151727933242_8140642413967310848_n

仕上がりました

 

梅雨の時期。天気が落ち着かず、突然の雨に何度困らされたか。。

むしむしする湿気は人も木にとっても嫌なものです。

梅雨入りする少し前。新築現場の建て方など外作業が多かった時期があり暑さや日光と戦いながらの日々がありました。

みんなそれぞれ自分用の工場扇を買い揃えた事が暑さの厳しさを物語っています。。

※大工さんたちは黒くなりましたが、早めの夏休みがあったわけでも、海にみんなで釣りに行った訳でもありません。

 

さて、そんな中マンションリノベーション。

「ホビーハウス」の工事が仕上がりました!

決められた工期の中しっかりやりきることができたと思います。

67CE69E3-70BD-4E93-A027-3520683E3499

 

 

14DC3314-1F96-462C-8BD9-BFE756E09799

 

 

7EC527CB-02FE-49F2-8588-EF40262C3784

 

 

間仕切り壁兼用のおおきな家具、その上を走る透明な引き戸、開放的なキッチン。

大きな家具は4分割になっていて現場組立になります。見事隙間もなくぴったり1つの家具になりました。

家具職人、五味さんの腕が光ります!

 

玄関も元々の大きさより広くなり、タイルも綺麗に収まっています。

 

D34B223A-5E1B-4B5A-BDD6-65C9935999D6

 

 

D6F77192-775B-4304-ACA7-DD44136DD556

 

 

職人さんたちにも仕上げの追い込みに参加していただいて助かりました!

綺麗に納まって良かったです。

この調子でどんどん現場を進めて、良い報告が拡散できるよう、暑さに負けず黒くなりながらも頑張ります!

耐震改修工事

7月2日 9:00 耐震改修工事

石谷 真介
Ishitani

1/2設計室代表の薬師寺設計士の設計による戸建ての耐震改修工事現場の様子です。

2階の出窓箇所に耐力壁が不足しているので補強工事をします。

最初はこんな感じ。

 

61794559_298395687709409_7143322867210387456_n

 

ご主人が自ら板張りをされたということで愛着もあり、丁寧にはずして補強後には戻せるようにします。

それにしても上手に張ってあって大工顔負けです。

ご主人が工事した箇所があちこちにあってどれもすっごく上手なんです。

しっかりやらねば!

61681351_610159996152644_3099716410494943232_n (1)

 

カウンターのある箇所に柱と筋交いの補強がされます。

カウンターが合って取り付けが大変そう・・・

そう思いながら現場では「カウンターの補修が最小限になるようにお願いしますっ!」

言うのは簡単、「またまた~」と言われながらお願いをしてきちゃいました。

 

65482593_3096691947009476_3280747516789784576_n

現場に行ってみたらカウンターとの取り合い箇所に全く隙間なく柱と筋交いが取り付いていました。

大工さんさすがですね。

 

 

65891884_984611515213563_4882072884228390912_n

 

補強の構造金物が見えてきてしまうところは薬師寺設計士の指示で幕板つけてかっこよく、板もきれいにもとどおりになりきれいに仕上がりました。

見えるところには気を使ってきれいに、補強ももちろんしっかりと進めてまいります。

まだまだ補強は続きます。

Tags:

縁側サンルームの家

6月22日 21:26 未分類

akimoto
akimoto

大工の秋元です。

新築を担当させていただいています。

外壁通気の工事です。

透湿防水シートを壁にぐるりと覆います。これは外からの水は通さないが、

湿気は通す性質を持つシートです。

外壁材との間に外気が流れる層をつくることによって、壁内の湿気を

透湿防水シートから通気層を通して外部に放出します。

8D8F9956-6EE4-4017-890B-AF1BC57F58BF

 

 

 

 

 

通気層は空気の流れを読み胴縁を打ち付けていきます。

下から入った空気は棟換気や換気雨押さえなどで換気口などを設けて放出します。

5F28DD20-388E-4F61-998B-E7C654076A76

 

 

 

 

 

軒天換気金物

E61FDF00-00B5-4071-AA0B-9267D8F02251

 

 

 

 

 

換気雨押さえ

CFDA6520-3724-4BAB-A7B8-27A49F3125AD

 

 

 

 

 

棟換気

 

空気を止めてしまうと結露の原因となってしまうので、

気を付けて作業をしていきます。

旅立ち

6月20日 22:06 未分類

gomi
gomi

家具屋の五味です。

しばらく期間が空いたので何から話せばいいか迷います。

まずはいつもブログを見てくださっている皆さまにご報告しなければならないことがあります。

5月18日に看板娘のチャボの楓(カエデ)がお空に旅立ちました。

私自身もお世話をしていてすごく可愛がっていたのでとても悲しいです。

皆さまには今まで楓を可愛がってくださって頂きありがとうございました。

IMG_4143

妹チャボの花梨(カリン)はすごく元気にしていますので見かけたら可愛がってあげてください。

これからも応援よろしくお願い致します。

IMG_4639

IMG_4413

 

そして、お仕事の方はと言えば

5月に納品した家具をご紹介します。

 

壁の凹凸を利用してデスクと本棚を製作しました。

 

デスクの天板はタモ集成材を使いました。

凹凸の採寸をしっかりしてあったので工場で加工をして現場では差し込むだけで上手く取付ができました。

 

 

IMG_4276

 

 

 

デスクの上には可動式の棚板を壁の凹凸に合わせて配置しました。

可動式の為、棚受けレールを壁に取り付けます。

今回は壁の下地がしっかりしていたのでレールを直接壁に取り付けることができました。

IMG_4281

こういう一見シンプルなお仕事は採寸と段取りがキチンとしていないと上手くいきません。

私は大工ではなく家具屋なので現場で切ったり削ったりを主には考えず

基本的には出来あがった物を取り付けるというスタンスです。

それでも現場での加工も出来るように複数パターンの加工や道具の想定はして現場に臨んでいます。

お客様にも大変喜んで頂き、「想像以上です」とのお言葉を頂戴しました。

こちらこそありがとうございました。

 

 

そして何といっても5月は工房も新工場に旅立ちました。

今までは横浜市都筑区にあった工房ですが、

新たに旭区に移転いたしました。

以前から複数回にわたってブログでお伝えしていますが、

あの「クラフトマンの家」です。

IMG_4651

既に3月から2Fにカフェをオープンさせていますが、1Fには工房が入りました。

工場の機械も都筑区から移動したものや新たに入れたものもあります。

IMG_4465

IMG_4468

 

IMG_4466

 

引越しするにあたり

機械の配置や人の動線、道具の置き場など様々な事を考えなければなりませんでした。

工房移転という体験はなかなか出来ることではありませんが

新しい場所で今まで以上に良い物を作って行くために皆で熟考し、より良い工房にしていきたいと思います。

新工房については次回以降でまた紹介していきます。

 

 

 

 

天然酵母のパン

横浜市旭区の中山建設内にある杜Cafe.B。
天然酵母のパンとこだわりランチが人気です。

pan1

pan2

 

そんなカフェ、大工さんたちがコツコツとテラスを作り、庭にはウッドデッキも完成いたしましたよ。

ワンちゃん連れでも一緒に楽しめます。

terasu3

dog1

カフェのフロアから階段を上がっていくと、ワークショップなども開催できるスペースが。

aroma2

aroma1

先日は、日本の樹でアロマスプレーづくりのワークショップを開催しましたよ。

 

階段を下りていったところには、糸のこ工房が。。

koubou1

 

こんな風にたくさんの切り抜きを愉しんだり。

工作したり。

kousaku1

 

建築で出た端材を利用して、アイデア次第でいろんなものが形になります!

糸のこ工房はご予約制となっております。お申込み・詳細は以下の通り。

---------------------------------------

杜Cafe .B 糸のこ工房

●ご利用可能時間:9:00~16:00(木曜定休)
●ご利用料金:初回  3000円/1.5~2時間・1人 ※糸のこの使い方や工房のご利用方法をお教えいたします。
2回目から  600円/1時間・1人 ※杜Cafe.Bのランチご利用で割引あり
☆完全予約制となっております。
ご予約は、お電話080-1014-4455またはmail(tsuduki-no-mori@nakaken.info)でお願いいたします。
【杜Cafe.B】
住所:横浜市旭区下川井町2149-6
TEL:080-1014-4455

---------------------------------------

ぜひ色々作っておいしいもの食べて…楽しい時間を過ごしてくださいね。

 

 

【杜Cafe.B イベントのお知らせ】

8/2(金)~4(日) 夏休みのものづくり3days

8/2(金) ご予約制のワークショップ。カフェも営業中!

8/3(土) ご予約制のワークショップ。カフェも営業!

近くの有機農家さん「えんちゃん農場」にて収穫体験!

8/4(日) マルシェ!vol.4 モノづくりができるワークショップブースが多数出店。

えんちゃん農場の収穫体験やお野菜の販売も致します!

※カフェはマルシェに参加いたしますので通常ランチはお休みします。

 

申し込み受け付けは詳細が決まり次第、こちら「都築の杜マルシェ!」のFBページにてお知らせいたします。

 

お楽しみに!