| Subcribe via RSS

ルーフバルコニーの木製手すり

ルーフバルコニーの木製の手すりが腐食してしまったので交換のご依頼をいただきました。

既存の手すりが雨により腐食してしまったのですがやっぱり木がお好きというこで腐食しにくい材料でご提案させていただきました。
材料はイタウバ。
バルコニーの手すりなので外の過酷な環境で痛みやすいので丈夫で長持ちする材料を選びました。
ハードウッドと呼ばれるブラジル原産の材料で強い耐久性があります。
手触りもほかのハードウッドに比べてなめらかでささくれがおきにくくウッドデッキや手すりに適していると言えます。

事前の調査で設置方法を決めておきます。
今回は戸建ての2階部分の手すりなので足場の設置をしましたが
これから長く使っていただく間にメンテナンスや部分的な交換等の必要が出た際に足場設置をしなくてもいいように取り付け方法も考えました。

バルコニー内から作業が行えるように支柱の中央に溝を掘って手すりのフェンス部分を差込みバルコニー側から固定します。
これで何かあった際にもバルコニー側から作業ができるので足場設置の費用もかからず安心かつ見た目もかっこよいできばえです。
60449782_2184397581647222_3549469129280847872_n60536401_359860778209271_2725071236513136640_n
支柱の取り付けに必要な金物もステンレス製でオリジナル製作しました。
こちらの住宅はツーバイフォー住宅ということでしたので金物の取り付けビスの位置も下地から外れないように製作しています。
その住宅にあった見えない下地の位置なども考慮していないと強度にかかわるのでとても大事です。
バルコニーの笠木部分は雨漏りの多い箇所なので水が入らないように取り付けのビス穴と金物の設置部分にもシーリング処理をしっかりしています。
支柱の金物製作でもうひとつ気を使っているのは支柱の足元が金物に隠れて様子がわからなくなると腐食などが進んでいることや笠木との設置面に問題が起きていても視認できなく早期の対策ができなくなってしまうので3面だけ囲った形で製作しています。
60921949_2253789014939662_7577573554376409088_n61057956_601102450394616_7342111601689886720_n60976045_2226631134085294_4776856940074500096_n

60693018_396371507636162_3168273026366046208_n

 

施工の全体で気をつけていることは雨水を木部にとどめないようにすること。
水が流れやすくするために隙間をあける。
支柱の頭の部分は木口と呼ばれ水を吸いやすいのでここに水が流れにくいようにする。
支柱の脚の部分も同じく設置面から浮かせる。
など長く楽しく使っていただくために工夫しながら製作しています。
60639490_339193096740665_9144468368026238976_n60660424_623135108200232_203778545879613440_n

お客様にも大変喜んでいただけて私たちも楽しい仕事でした。
60483289_426617574831041_8917126149797052416_n60351026_669982650117686_872030712167923712_n

 

 

 

フリーリビングと土間のある家

5月14日 19:49 未分類

akimoto
akimoto

大工の秋元です。

 

フリーリビングと土間のある家が完成しました。

 

DE2E43E5-37BC-4387-B984-A13F78E688CA

D70DB0E4-AF31-4873-9F43-80BF1D386263

 

 

 

 

 

土間スペースの壁にはレッドシダーの板を貼りました。

黒いポールはお客様の趣味の自転車を掛けるためのポールです。

天井には格子を取り付けました。

44AE0FD0-58EE-4F94-B576-B21CD6E92072DD3A9D9F-A5CE-40A6-9F44-7323ECC81B22AFD949A4-83D3-486E-B7B4-A900B1B470C0

 

 

 

 

 

掃き出し窓の内側に4本引戸が走ります。

目隠しがわりにもなります。

7527A123-F19C-4BD6-B66E-48987360F74D

5F33603A-3234-4870-88A0-D40370A98A97

 

 

 

 

 

造り付けキッチンです。

 

AD75F23D-68E6-47FF-B5C9-8A42677CF267

 

 

 

 

 

テレビ台です。ルーバーの裏にデッキなどを置いて操作できるようにしてあります。

622B0B63-5B8B-481D-AF51-A14CBFC14D39

 

 

 

 

 

テレビ台の後ろはスタディーコーナーです。

2B92525B-F778-445D-BDF8-813B134DC6FA

 

 

 

 

 

廊下です。右にみえるのが本棚になり裏には収納スペースになっています。

この家具で廊下と部屋を仕切っています。将来的にこの家具を取り外し、

広々と使うことも可能です。

 

とてもやりがいがあり、楽しい現場でした。

以上フリーリビングと土間のある家からでした。

 

 

フリーリビングと土間のあるいえ

5月12日 21:48 未分類

akimoto
akimoto

カウンター下収納家具とマグネットボード

家具屋の五味です。

今回は既存カウンターの下に収納家具を製作しました。

家具本体の色合いを無垢のカウンター材の色に合わせて制作しました。

設置前の状態です。

mae

 

設置後の家具

sekougo

何も無かった空間にキッチリと家具が納まり部屋の雰囲気がガラッと変わりました。

カウンターの色ともぴったり合いました。

 

家具のデザインや使用用途はお客様と綿密な打合せを繰り返し決めていきます。

左側のオープンスペースにはプリンターを置けるようにスライド式の稼動棚を設置しました。

プリンター用の電源の増設も設置時に同時に行いました。

konnsennto2

 

その下にプッシュオープン式の開き戸を設置してプリンター用の紙などの収納を確保。

l

 

中央には引き違い戸を設置して大容量の収納にしました。

y

ここにも新たに電源を設置して大変便利になりました。

konnsennto

右側には引き出しも4杯儲け使いやすい収納にしました。

 

最右は既存のカウンターの形に合わせてコーナー飾り棚になっております。

kado

 

そしてカウンターの上にある既存の吊り棚にマグネットボードを新設しました。この吊り棚はキッチン側とリビング側との両面から使えるようになっておりましたがリビング側の扉を廃止してマグネットボードに差し替えました。

kokubsnn

ここに写真やメモなどを磁石で貼ることが出来ます。

このマグネットボードも特注で制作しており縁には無垢の木を使いカウンター家具に合わせてあります。

 

設置後はお各様にもご満足頂き大変やりがいがありました。

限られたスペースに様々な機能を盛り込むのは案外難しいものです。

本来この様な特注作り付け家具のお仕事は特注家具屋さんに頼むのが一般的とは思いますが、中山建設では家具職人暦25年の五味が制作に当たりますので安心してお任せください。

 

暮らしを愉しむ基地

5月6日 20:29 都築の杜

shiobara
shiobara

杜Cafe.Bがあるクラフトマンの家。

カフェが始まって2か月弱。

周りの景色もどんどんと進化しています。

先日の「日々たたいてます」でも投稿されたデッキ。

完成した様子は…ぜひ杜Cafe .Bにてご覧ください!

 

そして庭の様子もどんどんと変わってきています。

そんな様子は、FBページでご覧になれます。

 

そしてそして、おいしいパンがいっぱい並んでランチも愉しめるカフェ、杜Cafe.B。

DSC_0199 (1)

その下の階、

糸のこ工房では、最近、端材を使ったものづくりが流行っております^^

IMG_6487

 

普段ベンガラ染めをされている作家さんが染める型を切り抜きにいらしたり…

LRG_DSC09081

 

木が大好きというアロマの先生がロゴを切り抜きにいらしたり…

IMG_6506

 

 

それぞれの皆さんが、作りたい!をカタチにしております。

何か作りたい!と思いたったら、一緒にカタチにしてみませんか。

 

おいてある端材は使い放題になっております。

糸のこの使い方も丁寧にお教えいたします。

ぜひ気軽にチャレンジしてみてくださいね。

 

杜Cafe .Bの糸のこ工房、ご利用ご予約受付中♪

お申込み・詳細は以下の通りです。

---------------------------------------

杜Cafe .B 糸のこ工房

●ご利用可能時間:9:00~16:00(木曜定休)
●ご利用料金:初回  3000円/1.5~2時間・1人 ※糸のこの使い方や工房のご利用方法をお教えいたします。
2回目から  600円/1時間・1人 ※杜Cafe.Bのランチご利用で割引あり
☆完全予約制となっております。
ご予約は、お電話080-1014-4455またはmail(tsuduki-no-mori@nakaken.info)でお願いいたします。
【杜Cafe.B】
住所:横浜市旭区下川井町2149-6
TEL:080-1014-4455

---------------------------------------

ぜひ色々作っておいしいもの食べて…楽しい時間を過ごしてくださいね。

 

 

【杜Cafe.B イベントのお知らせ】

japan_aroma.laboさんの杜薫るワークショップ
日時:2019年6月3日(月)10:30〜11:45
場所:杜Cafe.B 横浜市旭区下川井町2149-6
tel 080-1014-4455    ☆駐車場あり
内容:大注目の日本のアロマでつくる日本の樹木香るアロマルームスプレー作成&癒しのランチ会
参加費:2800円 当日お支払い
ランチ代は別途
募集人数:6名様

詳細・お申し込みは、こちら@japan_aroma.laboさんのinstagramをご覧くださいませ。

 

これからも夏に向けて様々なイベントを企画中です!

お楽しみに!!

Tags: , , , ,

完成品は是非 杜カフェ.B で!

カフェのデッキスペースを作っています。デッキスペースは建物の外からでも中からでも行き来できるような広さです。

デッキもフェンスと同じく雨風にさらされるので腐りやすく、いかに工夫していくかが課題になってきます。

ここに関しては水はけや交換する点に意識をおき設計されています。

DSC_0882

構造体はもちろん根太にも角材を使って強固になってますので風の強い日でも安心です。

床材にも杉が使われています。床材も厚い材料を使い粗い面を残したまま施工していきます。敷地の形に沿ったデッキなので際には多数の斜めカットがされています。

結果的にフェンスができ覆ってしまうので見えなくはなってしまうのですがそれでもこだわって作業しています。

DSC_0905

肘が置けるくらいの高さに柱をカットしフェンスを張っていきます。フェンスの天板には広めのカウンターが取り付けてありコーヒーカップなども置け、のんびり景色を堪能できます。

 

 

是非どんなものができてるか脚をはこんで見に来てください。そしてコーヒーなど飲みながらゆっくりしていってください。